中国四川省の洪水でマイニング施設に甚大な被害が

中国四川省の洪水でマイニング施設に甚大な被害が

中国の金色財経は、四川省で発生した洪水によって仮想通貨のマイニング施設が甚大な被害を受けたと報道した。

中国では6月27日〜28日にかけて大雨が降っており、その影響で四川省を含む5つの地域でマイニング施設が被害にあったという。

その洪水で数万台ものマイニングマシンが修復不可能となり、どの仮想通貨をマイニングしていたかは明らかになっていない。

元々中国は世界のマイニング占有率70%を超えており、中でも四川省は気候や電気代から見ても世界で最もマイニングに適した地域だとされている。

それ故、多くのマイニング企業が四川省に拠点を置いており、一部のマイナーたちからはマイニングの首都と言われるほど。

中国の金色財経は、この洪水がビットコインのハッシュレートに一時的な影響をもたらしたと発表。

ビットコインネットワーク全体への影響はほとんどないとされているが、マイニングの首都が壊滅的な被害を受けたことによって今後ハッシュレートにどう影響してくるのかが注目されている。

原典:「Local Media: Floods in China Heavily Damage Major Crypto Mining Operation

ここまでの内容と考察

中国で衝撃的なニュースが発表されました。

四川省にあるマイニング施設が洪水によって壊滅的な被害を受けたというニュース。

被害総額は出ていませんが、数万台ものマイニングマシンが修復不可能になったとすれば、その額は物凄いことになるでしょう。

オンライン上で管理・発行できる仮想通貨は、今回のようにPCやマイニングマシンが壊れると何も出来なくなるというリスクも抱えています。

ビットコインのネットワークへはそこまで影響は出ていないそうなのでひとまず安心と言えるでしょう。

 



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事