中国でビットコイン決済可能!?合法的なビットコイン商用利用拡大か

仮想通貨取引やICO禁止が実施されるなど、仮想通貨に対してネガティブな印象が強かった中国の仮想通貨市場へ、ついに春が訪れるかもしれない。

深圳国際仲裁裁判所が、ビットコインを「財産」として裁定したことをきっかけに、仮想通貨を決済手段として法的に受け入れることができる小売商が増加すると見られている。

決済手段としてはOK!? ビットコインの商用利用増加なるか

経済的価値と利益を提供できる性質」を認知した上で、ビットコインを始めとする主要仮想通貨を資産だと認めた、中国仲裁裁判所。

この判断に基づき、ビットコインは法律によって保護されるべきだとし、その所有と移転は禁止されていないと裁断した。

先日公開された同裁判所による判定内容を詳述した文書を、Messari(メサリ)社アナリストであるKatherine Wu (キャサリン・ウー)氏が分析したところ、ビットコインは経済の自由と経済的価値を提供するため、資産として認可されたそうだ。

また、中国におけるビットコインの法的位置付けに関して、同氏は以下のように述べた。

「仲裁人は、ビットコインが合法であるか否かにかかわらず、それの流通と決済は違法でないとした。ビットコインと法定通貨は法律上同じ扱いにはならないが、それの保有、またはそれを決済手段として利用することは違法ではない。」

つまり、ビットコインの合法性に関しては不明だが、それを決済手段として利用したり、保有することは地元の法律を破ることにはならないということだ。

このような中国仲裁裁判所による判定は、中国におけるビットコインの商用利用を拡大させる可能性がある。

既にそのような動きは確認されており、中国で最も名高いテクノロジー出版物であるBSTRBeijing Sci-Tech Report(北京・科学-技術・レポート)は、仮想通貨の日常的な利用を促進するためにBTC決済を導入すると発表。

また、中国大都市のいくつかのホテルでは仮想通貨決済の取り扱いを開始している。

例えば、中国Ethereum Hotel(イーサリアム ・ホテル)は、イーサリアムで決済をする利用者に対して、サービスを割引しているという。

仮想通貨トレーダー数も多い中国におけるビットコイン決済の普及は、市場をより活性化させ、これから市場参入を目論む仮想通貨ビジネスの下支えとなるかもしれない。

原典:China’s Merchants are Legally Allowed to Accept Bitcoin and Crypto

ここまでの内容と考察

中国仲裁裁判所のビットコインに関する判定により、ビットコイン決済を受け入れる小売商が増加する可能性があるという、今回のニュース。

仮想通貨規制が強いというイメージが根付いている中国ですが、深圳国際仲裁裁判所の判定は波紋を呼んでいるようですね。

ビットコインが資産と見なされたことに対し、ツイッター上でも多くの声が挙げられています。

「中国はブロックチェーンに反対している訳ではなく、人々を守りたいだけだ」

中国の中央銀行が仮想通貨の発行を検討している中、ビットコインを始めとする分散型の仮想通貨の同国での普及は進むのでしょうか。

今後も仮想通貨に対して、逸早く睨みを利かせる中国政府の動向に注目していきたいですね!

 



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事