Bittrex、ついにセキュリティトークンの取り扱い開始か!?

ATS(私設取引システム)の取り扱いをしていることで知られるRialto Trading(リアルト・トレーディング)社が米国仮想通貨取引所Bittrex(ビットレックス)と協力し、セキュリティトークン取引プラットフォームを展開すると発表した。

次世代のセキュリティトークン取引

現在規制当局の承認を得て、確定利付証券を扱うATSを運営するRialto社が、事業拡大のためにブロックチェーン技術を基盤とした電子証券(セキュリティトークン)を扱い始めるようだ。

Rialto社の証券業界での経験に加え、Bittrex社のブロックチェーン技術、サイバーセキュリティ、また仮想通貨取引をに関する専門知識を組み合わせ、セキュリティトークンプラットフォームを展開する。

これに対してBittrex社のCEOであるBill Shihara(ビル・シハラ)氏は、

「デジタル証券取引のための効率的で信頼性の高い安全なプラットフォームを構築するためには、

高度なテクノロジーと金融専門知識をユニークに組み合わせることが必要不可欠。

Rialto社とそのCEOである Shari Noonan(シャリ・ニューナン)氏は理想的なパートナーだ。」

と述べた。さらに、

「Noonan氏のGoldman Sachs(ゴールドマン・サックス)やDeutsche Bank(ドイツ銀行)での経験を含め、豊富な金融サービスの経験があるRialto社の新しいベンチャーは、ブロックチェーン技術の普及を促進するだろう。」

とコメントし、Rialto社の新しい事業へ期待を寄せた。

現在開発が進められているプラットフォームでは、米ドル建てセキュリティトークンの取引が可能。

また、Rialto社はデジタル証券発行アドバイザリー・サービス、プレースメント、トレーディング、カストディー業務など、様々なサービスを提供する予定だ。

原典:「Rialto Trading and Bittrex Team Up on Digital Securities Trading Platform

ここまでの内容と考察

今年に入ってからよく耳にするようになった有価証券がトークン化された「セキュリティトークン」。

ICOに代わり、このセキュリティトークンを使って資金調達を行う「STO(セキュリティトークン・オファリング)」の波はもうすぐそこまで来ています。

今回のRialto社とBittrex社の発表もそれを感じさせますね。

今後もセキュリティトークンに注目していきたいですね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事