ビットコインは年内1万ドル突破確実?専門家が自信を覗かせる理由とは

仮想通貨市場全体の時価総額は、年始に記録した過去最高記録から約5,750億ドル(63兆2500億円)下落し、中でもビットコインの価格は当初から3分の2近い価格まで下がってきている。

まさに暗雲立ち込める現状においても、一部のヘッジファンドマネージャーは楽観視する姿勢を変えず、むしろ好転するとの見方を強めているという。

特に「1万ドル」という大台を年内に突破するという予測に関しては、複数の有力者からの明言があり、その再現性の高さに早くも注目が集まりつつある。

カギは投資機会にあり?ここからビットコインが高騰する筋書きとは

今回ビットコインがほぼ確実に年内1万ドルを突破するというシナリオを提唱しているのは、大物投資家として名を馳せているSpencer Bogart(スペンサー・ボガート)氏だ。

同氏は自身のTwitter上で、上述の持論を展開する様子を映した動画を投稿し、世間の大きな反響を呼び起こした。

スペンサー氏が動画の中で特に語気を強めているのが、ずばり今後のビットコインへの投資機会の多さだ。

同氏の裏取りによれば、今週もすでに複数の法人・個人投資家がビットコイン関連の新興企業に投資予定であるといい、それに伴って間接的にビットコインの価格が上がるのではないかという見通しを立てている。

また、スペンサー氏は同じく大物投資家として知られる「Micheal Novogratz(マイケル・ノボグラッツ)」氏が、

「ビットコインはもう底値をついている」

と過去に発言した事に深く賛同する姿勢を見せており、その実現に大きな自信をのぞかせている。

しかし、実際のノボグラッツ氏に関して言えば、直近で上述の発言を撤回するコメントを残すなど、日に日に状況は変化してきている現在。

様々な憶測が憶測を呼ぶ現況において、何が正解となりうるのか、答え合わせの時間は迫ってきている。

原典:Bitcoin Price Close to Bottom, Will See $10,000 this Year: Hedge Fund Mgr.

ここまでの内容と考察

不動の人気No,1仮想通貨として名高いビットコインの価格が、年内中に1万ドルを突破するのではないかと有名投資家が主張しているという、今回のニュース。

今年の下半期に入ってからは、これといった激しい値上がり・値下がりを見せず、何かと印象が薄れがちになっていた同銘柄だけに、今後一気に1万ドルを突破するとなれば昨年以上の注目を集める事間違いないでしょう。

世間では期待・不安の声が入り混じる中、果たして本当にビットコインは年内に高騰劇を見せてくれるのでしょうか。

同通貨の持つポテンシャル、ひいてはそれを取り巻く仮想通貨市場全体の動向に、より大きな期待と注目をしていきましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事