仮想通貨はノーリスク?IMF(国際通貨基金)が独自の見解を発表

仮想通貨はノーリスク?IMF(国際通貨基金)が独自の見解を発表

疑念と不信感が漂いつつある仮想通貨市場に、新たなプラスの風が吹き込んできた。

先日、世界の金融安定化を図る専門機関であるIMF(国際通貨基金)が、仮想通貨に関する同機関のスタンスを表明した。

彼らの意見では、仮想通貨が世界金融の安定に危機をもたらす可能性は限りなく低く、ノーリスクであるという。

その主な理由としては、仮想通貨がまだまだ金融商品としては不十分で、既存の金融市場における株や証券等と比較すると、投資家の信用を得られていないからだという。

実際とあるデータによれば、世界全体で仮想通貨の利用率はまだまだ低く、とても金融市場全体に影響を及ぼすほどのものではないという。

上記のような意見、現状を踏まえた所感として、今のところ仮想通貨が世界金融に悪い影響を及ぼす可能性・リスクはないというのが今回のIMFの判断である。

しかし、そんな楽観的な意見や見方がある一方で、仮想通貨の将来的な可能性や潜在的リスクについて言及する声も少なくない。

例えば仮想通貨が今後さらに活用されていく中で、既存の金融市場を一蹴し、新たな経済圏が生まれるのではないかという意見がある。

あるいは、既存の金融市場を壊すとまではいかずとも、上手く併存し、相互補完の関係性を構築するのではないかという見方も存在している。

ただいずれの意見にせよ、そこに内包される「リスク」に関して無視できないというのは、ベースの考え方として存在しているのも事実だ。

どれほどプラスな可能性が存在していようと、そこにリスクは必ず付きまとうものであり、活用され方次第ではいくらでも犯罪等に繋がるケースも考えられるというわけだ。

その点について、IMFの代表者は、

「90年代終わりのITブームで我々の生活が一変したように、仮想通貨が今後の流行次第でこれからの世界金融を動かす可能性は十分にありえるだろう。

その意味で、仮想通貨には大いに期待したいが、一方でまだまだ世間からの信用を得られていないのも事実だ。

仮想通貨が意義のある形で金融活動を変革する前に、まずは消費者や金融当局の信用や支援を得る必要があるだろう。」

と、コメントを寄せている。

今回のIMFの公式発表によって、ますます注目を浴び、熱を帯びていくであろうと予想がつく仮想通貨市場。

今後仮想通貨市場はどのように変化し、世界金融に影響を及ぼしていくのか。

IMFの出した答えは、果たして正解と言えるものなのであろうか。

今後の歴史が、その全てを物語る事となりそうだ。

ここまでの内容と考察

世界金融の調整役である専門機関IMFが、公式に仮想通貨のリスクを否定する意見を出したという今回のニュース。

仮想通貨は現状不十分な点が多いとの事でしたが、今後の改善次第では大いに期待できる金融商品であるとの意見で、ますます将来が楽しみになってきますね。

本文中に度々「リスク」という言葉が出てきましたが、リスク抜きに新しい事はできません。

リスクを多少取ってでも前に進まねば、後退していってしまうばかりです。

そういった意味でも、リスクが高いと批判されている仮想通貨だからこそ、今後の成長・進化に期待したいところです。

仮想通貨の更なる発展、将来的な可能性に期待していきましょう!
 


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHDatecoinといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事