コインチェックがついにLISKとFactomの出金・売却再開へ

先ほどコインチェックからのお知らせで、停止していたLISK(リスク)Factom(ファクトム)の出金・売却が再開したというニュースが入った。

1月26日の事件以来停止していたLISKとFactom。特にLISKは、bitFlyerへの上場もあり、多くのユーザーが保有していた銘柄だった。

入金・購入は未だ復帰していないが、保有しているLSKとFCTの売却が可能になるようだ。

詳しい発表は以下になる。

MoneroやZ-Cash、DASHの取り扱いは停止したので、今回のLISKとFactomでコインチェックが取り扱っている仮想通貨のすべてが出金・売却できるようになった。

業務改善命令をしっかり受け止め、着実に復帰しつつあるコインチェックが今後どのように信頼を取り戻していくのかは注目だ。

▼関連記事▼
金融庁が中国の仮想通貨取引所「BINANCE」に刑事告発?

ついにみずほ銀行も!独自仮想通貨Jコインの実験開始


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事