仮想通貨市場が急落も、ビットコインの地位は安泰である

ビットコイン、イーサリアム、リップル、及びその他の主要な仮想通貨が値下がりし仮想通貨市場が大幅に下落した。

その結果仮想通貨市場の時価総額は1,000億ドル(約10兆円)以上も失われた。

そんな中、一時ビットコイン、カルダノエイダコイン、Qtum、Moneroの価格が回復傾向を見せた。

これらの4つの仮想通貨は大部分の仮想通貨が大きく減少した期間を通しても過去24時間にわたって大きな価格上昇を記録した。

この要因はこれらの仮想通貨が、韓国と日本の仮想通貨市場で取引量が集中していること。

韓国政府が開始した最近の仮想通貨に対する規制の失敗による回復の兆候を示していた。

韓国ソウルに拠点をおく世界で2番目に大きな仮想通貨取引所であるBithubはQtumの取引市場シェアの60%近くを占め1日当たり7億6000万ドル(約760億円)のQtum取引が記録。

Dashの次にプライバシーを重視した匿名性の高いMoneroはBithunbとKorbitで韓国で取引される大半を占めている。

また、韓国、日本、アメリカの仮想通貨取引所はカルダノのサポートを統合していないが、アジアの市場は過去数週間で急速に伸びており、注目度が高い。

しかしこれらの仮想通貨を除いて、仮想通貨市場は韓国の仮想通貨取引市場が韓国の仮想通貨取引の禁止に関する早期声明から一気に跳ね上がると仮想通貨市場は急速に上がった。

ビットコインの価格

それでもビットコインは高額な送金手数料がかかるためにカジュアルなユーザーや新規参入者にとって問題がある。

多くのアナリストはビットコインのスケーラビリティ問題とビットコインブロックチェーンネットワークのがある程度解決さされることを期待してる。

これに関して、仮想通貨ハードウェアウォレットの製造会社であるLedgerはSegwitはビットコインの処理手数料を40%削減でき、トランザクション処理により、ビットコインブロックチェーンネットワークを大幅に低下する可能性があると述べている。

投資家とユーザーは仮想通貨市場主要通貨になるSegwitとその他の革新的なシーリングソリューションの統合を強く期待しているのだ。

現時点でビットコインは他の仮想通貨と比べてボラティリティが高くにその他の仮想通貨取引するための準備の通貨としての役割を果たしているため、重要な役割であることに変わりはない。

ここまでの内容と考察

昨日から今日にかけて仮想通貨市場が大きく下落したことでこれからの仮想通貨市場の動向に注目をしている投資家は多いです。

上記の記事であったようにビットコインは日常的に使える通貨ではないため、その他のアルトコインを購入するためのコインでしかないです。

これからの仮想通貨投資市場は機能性の高い通貨に注目が集まると管理人は予想します。実際に投機目的だけではない仮想通貨が使用される場面はそう遠くないです。

上場企業などのICOを行うなど、これから仮想通貨の使用する機会が多くなるなります。

ですので仮想通貨投資を考える新規投資家はその通貨の特徴をきちんと分析し、用途をチェックする必要が出てくるでしょう。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信