GMOが給与をビットコインで受け取れる制度を導入

12月12日、インターネット事業を広く展開するGMOインターネットグループが、給与をビットコインで受取可能な制度を開始することを発表した。

これにより、GMOグループに務める社員は希望があれば月々上限10万円まで給与をビットコインの購入に充てることができるという。

購入したビットコインは、給与支給日に自動的に「GMOコイン」で開設した口座に振り込まれるようになっている。

この制度は2018年2月給与分から導入し、順次グループ全体へと広げていくとのこと。

元々GMOグループは世界一のFX取引高世界一を誇るなど、金融事業に力を入れている。最近は、盛り上がりを見せる仮想通貨取引所事業、マイニング事業などの仮想通貨に関連する事業を積極的に進めている。

国外ではすでに始まっているビットコインでの給与支払いだが、国内で名の知れたGMOグループが開始するとなると、日本国内で広まっていく可能性も高い。

これによりさらにビットコインの流動性が高まっていくことが期待される。

今後も、GMO内での制度の利用率や他企業の対応に注目である。

引用:「https://www.gmo.jp/news/article/?id=5872」


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事