BINANCE(バイナンス)がSyscoinの異常を検知し、緊急停止へ?

緊急停止!BinanceがSyscoinの取引を一時的に取り辞め

世界最大の取引所であるBinanceは、プラットフォーム上で「Syscoin(SYS)」の不可解な取引パターンを検知し、取引と引き出しを一時的に停止した。

「システム保守」と称し行われたこの一時的な措置は、現在では取引活動の再開がされており、すべての資産が安全であることが確認された。

検知された不可解な取引パターンは以下のようなものだ。

見てとれるようにSyscoinの価格が瞬間的に跳ね上がる異様な光景。

このSYS/BTCの価格の一時的な暴騰を不正な取引パターンとして、Binance側は検知したようだ。

それにしても、いったい何が起きたのだろうか。

現在、Binance側とSyscoin運営側の両面から調査が行われているらしく、Syscoin運営側は「ブロックチェーン上に問題はない」とTwitter上で述べている。

Binance側は、さらなる予防線として、既存のすべてのユーザーにAPIキーの再作成をすることを促した。

これは反面、APIの誤用による可能性を暗に示しており、APIの方面で調査を進めているようだ。

依然として、根源的な原因が解明されいない現状ではあるが、Binanceは今回のトラブルを受けて「SAFU(Secure Asset Fund for Users)」というファンドをユーザーのために設立。

このファンドはBinanceが受け取っている取引手数料の10%を基金として配分することで、ユーザーの資金保護に努める役割を担う。

また、異常なSyscoinの取引が行われている最中に影響を受けた全ユーザーに対し、7月5日から14日まで取引手数料が無料になる対応を発表。

さらに、7月5日から14日までの取引期間は、全ユーザーにBinancecoin(BNB)での取引手数料70%の返金保証を行うようだ。

こういった対応と対策を迅速に講じることができる今後のBinanceの対応と真相の究明に注目だ。

原典:「Binance Suspends Trading Temporarily Due to ‘Irregular’ SYS Transactions

ここまでの内容と考察

BinanceではSyscoinの不可解な取引を検知し一時的な取引の停止を行いました。

原因は調査中とのことですが、ブロックチェーン上には問題がないようなので、Binance側に問題があるのでしょうか?

それにしても、本文にもあるように被害にあったユーザーへの補填や、ユーザーのためのファンドを作るといった対応の速さは一級品ですね。

さすが世界最大の取引所Binance!としか言いようがありません。

今後のBinanceの発展に期待しましょう!

 


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事