モネロ(Monero)の仕組みと特徴を大解説

匿名性に特化した安全性の高い仮想通貨Monero

匿名性に特化した安全性の高い仮想通貨とは?

今回は高い匿名性を持つ仮想通貨「モネロ(Monero)」の基本的な仕組みや特徴、そしてモネロの今後について紹介していこうと思います。

「モネロってどんな仮想通貨なのかな?」

「匿名性が高いってどういうこと?」

モネロに興味があるあなたはこのような疑問を抱いているのではないでしょうか?数ある仮想通貨の中でも時価総額で第9位に位置しているモネロは、安全性が高い仮想通貨として様々な業界から注目を浴びています。

今回はそんなモネロがどんな仮想通貨なのか知りたい、もしくはモネロを購入しようか迷っているというあなた向けに、「そもそもモネロとは?」という基本的な情報から他にはない特徴、そして気になるモネロの今後について見ていきます。

では初めに、モネロがそもそもどんな仮想通貨なのか?という基本から見ていきましょう!

そもそもモネロ(Monero)ってどんな仮想通貨なの?

モネロは2014年に発行が開始された仮想通貨で、通貨単位は「XMR」となっています。

モネロは発行上限枚数が1,840万枚となっており、仮想通貨の中では発行枚数が少ないと言われているビットコイン(2,100万枚)よりもさらに少ない枚数となっています。

そんなモネロは独自の「Crypto Note」というプロトコルを使うことによって高い匿名性を実現しており、その高い匿名性が様々な業界から注目されています。

いきなり「Crypto Note」や「高い匿名性」と言われても、よくわからない方も多いと思いますので詳しく見ていきましょう。

高い匿名性を実現する「CryptoNight」とは?

高い匿名性のCryptoNight

CryptoNightというのは、「Crypto Note」というプロトコルの中で使われているアルゴリズムのことをいいます。

このアルゴリズムでは送金時の匿名性を高める「リング署名」という技術を改良した、モネロ独自の「ワンタイムリング署名」というシステムが使われており、これを使うことによってさらに高い匿名性を実現しています。

少し専門用語が出てきましたので、まずはリング署名について解説していこうと思います。

リング署名とは?

そもそもリング署名というのは、グループに参加している複数人の署名をまとめて署名することによって署名元を特定しにくくする技術のことをいいます。署名元を特定できないので匿名性が高く、個人情報が特定されにくいと評判があります。

リング署名解説図

そしてこのリング署名は複数のグループに参加できるという特徴もあるので、さらに特定が難しくなるという仕組みになっています。

ワンタイムリング署名とは?

モネロが独自で改良したワンタイム署名というのは、先ほど紹介したリング署名に「送金用のワンタイムアドレス」を加えたものです。

ワンタイムリング署名の解説図

モネロのアドレスは「閲覧用」と「送信用」の2つの秘密鍵が組み込まれたもので、このアドレスはマスターキーの役割も果たしています。

このマスターキーが送金の際にランダムなワンタイムアドレスを生成し、そのアドレス宛にコインを送金するという仕組みになっているのです。

ちなみに送金用の秘密鍵は1度送金をするとすぐ使えなくなることから「ワンタイムキー」とも呼ばれ、送金するたびに別のワンタイムキーが発行されるため、送金元が誰なのかを追跡不可能になっています。

このワンタイムアドレスをリング署名に加えることによって送金元が一切わからない署名が可能となっており、これが他の仮想通貨にはない高い匿名性を可能にしているのです。

気になるMoneroのマイニング方法と難易度

Moneroのマイニング方法

次にモネロのマイニング方法について見ていきましょう。

実はモネロはマイニングが比較的簡単で、報酬をもらいやすいと評判があります。

その理由は単純にマイニング人口と取引量が少ないからと言われており、そもそもの発行枚数が少ないモネロは今後もビットコインほどマイニングは難しくならないと言われています。

マイニングの仕組みや詳しい方法はこちら

モネロでマイニングをする場合、ビットコインように高性能で処理能力の速いPCは必要なく、家庭用PCの処理速度でマイニングが可能です。もちろん外付けのハードウェアや処理速度が速いPCでマイニングをしたほうがより報酬が貰えます。

しかし先ほども触れましたようにモネロは取引量が少ないので、マイニングが初めての方でも気軽に参加できる仮想通貨だと言えますね。

ちなみにモネロは、約4年で86%採掘されるというプランで発行されました。発行年が2014年ですので、あと1年くらいで大半のマイニングが終わってしまうことになります。

もしモネロでマイニングをするのでしたら早めがいいかもしれませんね。

チャートから見るMoneroの今後を予想する

時価総額9位にいるモネロは、現在1XMR=48ドル(約5,400円)前後を推移しています。昨年と比べると、実は30倍近く価格が上昇しており、時価総額ランキングも一時はリップルを抜いて3位にまでなりました。

出典:CryptoCurrency Market Capitalizations

 

その大きな要因として、2016年から「AlphaBay」というダークマーケット連携を始めたことが考えられます。AlphaBayは他にもイーサリアムやZcashといった仮想通貨とも連携をとっており、どの仮想通貨も連携を始めた瞬間に大きく価格が上昇しています。

モネロもAlphaBayと連携をとってから他の業界からも注目を集め始めているので、モネロの今後の動きにも注目しておきたいですね。

ちなみに現在は仮想通貨全体の冷え込みもあってやや下落をしていますが、匿名性に特化した仮想通貨ということで様々な業界から注目を浴びているモネロは今後大きく成長する可能性があります。

しかし発行枚数が少ないモネロは急激に価格が上昇すると同時に、一気に下落する恐れもあります。このことから、すべての資産でモネロを買うのではなく他の仮想通貨と分散させて保有しておくのがおすすめだと言えますね。

どんな人と相性が良い仮想通貨なのか?

ここまで何度か触れてきましたように、モネロは高い匿名性を特徴にしている仮想通貨です。そのため、特に安全性を重視している方におすすめだと言えます。

ちなみに専門家によれば高いセキュリティを持つモネロをハッキングするには、ビットコインをハッキングするときの費用の約1,000倍もかかるだろうと言われています。
このことからもモネロのハッキングに対する安全性は高いと言えますので、セキュリティが強い仮想通貨をお探しの方はモネロがおすすめですね。

いかがでしょうか?
今回はモネロの基本的な仕組みや特徴、そしてモネロの今後について見てきました。ここまでの内容を踏まえて、モネロに興味が沸いてきたあなたは

「モネロってどこで購入できるの?」

と思うのではないでしょうか?そこで最後に、モネロが購入できる取引所についても見ていきましょう。

必見!モネロが購入できる取引所はここ!

Moneroが購入できる取引所は?

残念ながら、日本でモネロを購入できる取引所は、まだ「coincheck(コインチェック)」しかありません。

しかしモネロの特徴を考えると、今後まだまだ扱いを開始する取引所は増えてくると言われています。一時的にリップルを追い抜くこともあったモネロはまだまだ可能性が高い仮想通貨だと言えますので、今後の動きに注目しておきましょう。

取引所の始め方や登録方法についてはこちら


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHDatecoinといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *

【※6月限定※】
今登録すると、今後値上がりが期待できるコインの情報を専門家の解説付きで2つご案内!!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信