ベネズエラが発行した仮想通貨「ペトロ」は詐欺通貨?

ベネズエラが発行した仮想通貨「ペトロ」は詐欺通貨?

経済状況が危機的状況の南米の産油国ベネズエラは20日、世界初国家の独自仮想通貨「ペトロ」を取り扱うことを発表。

そんなベネズエラはアメリカの経済制裁や原油価格の低下などの影響を受け外貨不足が起こっている。

そんな問題を補うべく、今回の仮想通貨「ペトロ」を発行したという。

この通貨はベネズエラの政府は豊富な原油で通貨を担保する。その仮想通貨「ペトロ」1単位が原油バレルの価値であることを約束している。

また発行枚数の上限は1億ペドロ前後で約60億ドル(6400億円)調達予定。

ベネズエラの大統領のNicolás Maduro(二コラス・マドゥロ)は、

国家や投資から注目を集めていると述べた。

しかしベネズエラの野党はペトロの発行は違法だと主張。

そしてアメリカ政府がペトロの取引が経済の制裁に当たるとした。なのでアメリカの企業からの投資は見込めない。

ベネズエラ政府によると、仮想通貨「ペトロ」と石油の取引を保証していない。

取引できるのは、国の通貨「ボリバル」だけだという。

このボリバルは幾度となく価格の切り下げられており、ほとんど価値がない。

またベネズエラの野党が今回の仮想通貨ペトロを違法だとした理由は、ベネズエラの憲法で埋蔵原油を財政運営の保証とするのが禁止だからだ。

ここまでの内容と考察

国家が管理する初めの通貨には非常に注目されています。

一方でベネズエラの経済状況は最悪で経済破綻。

そこでベネズエラの大統領Nicolás Maduro(二コラス・マドゥロ)は仮想通貨を初めて資金調達するという苦肉の策を打ち出したが、国家の通貨に信用がないのでこの政策に投資する人は少ない見込みです。



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事