警視庁が仮想通貨捜査本部設置へ!

1月26日に起こった不正アクセスによって約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」がハッキングされた事件を受け、警視庁が仮想通貨操作本部を設置する方針を固めた。

この操作本部は26日に設置予定。

今回集められたメンバーはサイバー犯罪対策課や仮想通貨に詳しい捜査員約100名で構成される。

同庁は既にコインチェックから通信記録の提供を受けて事件の経緯を調べているという。

今回ハッキングされた仮想通貨NEMについて、NEM財団の副社長のJeff Mcdonald(ジェフ・マクドナルド)は、

「NEMは世界一安全な仮想通貨だと自負している。今回の問題は交換業者のセキュリティが甘かったために起こった」

と述べた。

現在NEM財団は世界中の仮想通貨取引所と連携しNEMとその他の通貨の交換を防いでいる。

日本でも匿名性の高いダークウェブを介して仮想通貨を交換した日本人男性にも事情聴取を行うなど、仮想通貨の管理体制は厳しくなっていく。

ここまでの内容と考察

1月26日に起きたコインチェックのNEMハッキング事件は仮想通貨投資家以外からも注目を浴びた事件でした。

この事件を聞いて仮想通貨は危ないと思っている人もいますよね。

ですがNEM財団の副社長のJeff Mcdonald(ジェフ・マクドナルド)が発言したように取引所に不備がありました。

ですので仮想通貨のシステムに問題があったわけではありません。

またこれから全ての取引所に金融庁が立ち入り検査を行う予定です。既にコインチェック、テックビューロ(Zaif)、GMOコインに立ち入り検査を実施。

取引所を利用する人達の安全を確保する動きが広まっています。

仮想通貨の管理方法には注意して、最新の情報をチェックしておきましょう!



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事