Omise仮想通貨交換業へ参入か?子会社を設立を発表

Omise仮想通貨交換業へ参入か?子会社を設立を発表

イーサリアムを基本的なプラットフォームにしており、決済機能に特化した仮想通貨「OmiseGO」を運営する「Omise Holdings」は仮想通貨交換業へ参入することを22日に発表した。

子会社を設立し運営して行くことを発表したが、場所や詳細については明かさなかった。

このOmiseGoは日本人が参画しているということも注目されており、数少ない日本の人気仮想通貨である。

そんなOmiseGoは日本や東南アジアにおける決済分野の不具合を解消し、容易に決済サービスが出来るようにすることを目標としている。

そんなOmiseGoは韓国の大手クレジットカード会社「ShinhanCard」の了解覚書(MoU)にサインしたという。

この了解覚書は、行政機関などの組織間で設定された合意項目を記した書類のことで、このMoUによって、Omiseは本格的にフィンテックやブロックチェーン技術の開発に向かう。

ここまでの内容と考察

決済サービスとして以前から注目されていたOmiseGoの母体が仮想通貨交換業へ参入するのは驚きました。

最近ヤフーなどの大手企業が仮想通貨事業に参入しており、仮想通貨への注目がより一層増しています。

そんな仮想通貨がこれからさらに成長するには、投機目的ではなく、日常で使用されて行くことが重要になると考えます。

その上でOmiseGoは、決済サービスとして優れた特徴を持つので期待できるでしょう!

今後OmiseGoの動向に注目です。


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事