NEMがBINANCEに上場!コインチェック事件追跡中止から一転

コインチェックの一件で注目を浴びたNEM(ネム)がBinanceに上場か?

コインチェック事件で世間を騒がせていた仮想通貨のNEMが、つい先ほど大手仮想通貨取引所BINANCEにて上場を果たした!

既に価格は異常なほどの高騰を記録しており、今後もしばらくこの勢いは継続する見込みだ。

追跡終了と上場

既に述べた通り、この度NEMはBINANCEに上場し、約30分の内に10円以上の値上がりを記録している。

これまでコインチェック事件の一見もあり、NEMにはどこかマイナスなイメージが漂っていただけに、これは朗報だ。

加えて、この上場のニュースの直前に、実はNEM財団がコインチェック事件の追跡を中止する旨を正式に発表した事も衝撃が大きい。

これまで犯人追跡のため、盗まれたNEMに「モザイク」という独自の印をつけて追跡を行っていたが、それを正式に中止した。

その背景としては、盗まれたNEMのうち既に約7割が資金洗浄(マネーロンダリング)され、取り返す事ができなくなってしまっているからだ。

追跡打ち切りの詳細な理由に関してNEM財団は明らかにしていないが、事実上の敗北宣言であると見られている。

今後のNEMの展望

既に述べた通り、コインチェック事件はバッドエンドを迎える可能性が非常に高まってきた。

しかしその反面、NEMそのものに関しては、BINANCEへの上場は非常に好材料だ。

実際に急騰している今、まだまだこの流れは加速していくだろう。

今後のNEMに注目と期待が集まる。

ここまでの内容と考察

コインチェック事件で何かと話題になっていたNEMが、この度BINANCEへ上場を果たしたという速報が舞い込んできました。

NEMが上場した事で、BINANCE上ではまさに狂乱といえるほどの高騰を見せており、買い手が殺到している状況です。

また同時に、裏では悲報も存在していました。

これまでコインチェック事件の犯人を追跡していたNEM財団が、正式に追跡中止を決めたとの事。

これまで懸命に追跡を続けていただけあって、これは非常に残念ですよね。

それでもNEMだけを見れば、コインチェックでは出金可能となりましたし、BINANCEでの上場は非常に喜ばしい事。

今後のNEMの将来にますます期待がかかります!

▼関連記事▼
ネム(NEM)の仕組みや特徴を大解説

コインチェックがMoneroなどの匿名通貨の取扱いを打ち切りへ!



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事