韓国ブロックチェーン協会が自主規制ルールを発表

韓国ブロックチェーン協会が自主規制ルールを発表

仮想通貨の規制が激しい韓国で、また新たなルールが導入される事となった。

先日、韓国ブロックチェーン協会は、仮想通貨取引所を対象とした自主規制の概要を発表した。

新たに導入された規制ルール

自主規制の具体的な内容としては、各社ごとの資産管理、定期的な監査実施や財務レポートの作成など多岐にわたる。

基本的な狙いとしては、今回の自主規制を通じて、より公正で透明度の高い仮想通貨取引を実現する事だ。

もともと韓国といえば、仮想通貨を通じたいわゆるマネーロンダリング事件や、海外への自国通貨の流出など、悩ましい諸問題を抱えていた。

それゆえ、政府主導となって仮想通貨・ブロックチェーンまわりの規制を強化し、一国全体として諸問題の解決にあたってきたのがこれまでの背景として存在する。

その中で今回自主規制に取り組んだブロックチェーン協会、いわゆる「KBA(Korean Blockchain Association)」は、韓国の中でもブロックチェーン業界を牽引する存在として躍動している。

昨年12月に世界中が巻き込まれたビットコインの狂乱による被害を受け、特に今年に入ってからは、KBA主導でよりいっそう韓国内の仮想通貨規制ムードが高まっていた。

具体的なアクションとして、仮想通貨全面禁止の施策を打ち出し、公務員に至っては仮想通貨の保有すら許されない状況すら作りだした。

そんな状況が続いてきた韓国で、今回の自主規制がいったいどのような働きを見せるのか。

また今後は、韓国内の金融委員会とも恊働で、国内大手銀行と仮想通貨取引所の関係性を監査する予定も発表されている。

ますます厳しさを増す韓国の仮想通貨業界。これから一筋の光を見いだす事はできるのだろうか。

韓国が下す判断、彼らの一挙手一投足に注目が集まる。

ここまでの内容と考察

規制続きの韓国で、また新たに仮想通貨(特にブロックチェーン)に関する規制が敷かれる事となりました。

今回は、韓国のブロックチェーン協会が自主的に規制を敷いたとの事で、仮想通貨取引の更なる透明性の確保に一役買った模様です。

基本的には企業内の監査をより詳細に執り行うという内容で、なんとなく仮想通貨に対して不信感が募っている現在の世の中に対しては良いアプローチなのではないかと、個人的には感じます。

あまりルールでがんじがらめになるのは賛同し難いですが、より健全で公正な市場の確保に向けてこうした規制を敷くのであれば、今後も新たなルール作りを継続してほしいですね。

仮想通貨市場全体、特に韓国の動向に関しては、今後もより敏感に情報を取れるようにアンテナを張っていきましょう!
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事