まさかの結末!HitBTCが日本居住者へのサービス提供停止へ

日本という巨大なマーケットから、また新たな仮想通貨取引所が撤退を開始した。

報道によればこの度、取引量で世界第7位の規模を誇る大手仮想通貨取引所「HitBTC(ヒットビーティーシー)」が、日本国内でのサービスを停止する事を決めたという。

今回の撤退に関しては、今年3月に世界最大の海外仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」が、日本の金融庁に警告を受け、サービス停止を行った件と全く同じ流れだ。

急すぎるサービス停止宣言に、関係各所はその対応に追われているが、そんな中でHitBTCの公式ホームページ上には、既に以下の通り記載・説明がなされている。

「日本の資金決済法に基づき、HitBTCは一時的に日本国内でのサービスを停止する。

今後仮に日本のIPアドレスから弊社のサービス利用が発見された場合は、順次それらをKYC(本人確認)し、日本に居住していない証明を求める事となるだろう。」

このような但し書きがなされている事に加え、HitBTCのユーザー宛に、同社からサービス停止通知メールが届いたという声も、Twitter上で複数挙がっている。

現時点でサービス再開の目処は立っていないが、既存のユーザーにとっては続報が待たれるところだ。

今後のHitBTCの動向に、世間の注目が集まる。

ここまでの内容と考察

世界第7位の大手仮想通貨取引所HitBTCが、日本のマーケットから撤退を宣言したという今回のニュース。

相次ぐ規制や金融庁主導の取り締まりもあってか、海外取引所が日本での活動を断念せざるを得なくなるシーンが徐々に増えつつある気がします。

適度な規制は必ず必要なので仕方ない部分もありますが、理想を言えば、より多くの取引所が自由に活動し、世界全体に「仮想通貨」が普及してほしいと願うばかりです。

HitBTCをはじめとする海外取引所の今後と、日本の仮想通貨市場の変遷に、これからも注目していきましょう!
 



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事