Facebook(フェイスブック)が仮想通貨に関連する広告の掲載を許可へ

1月に仮想通貨に関連する広告を全て禁止すると発表していた世界最大級のソーシャルアプリ「Facebook(フェイスブック)」が、26日に仮想通貨の広告を許可する方針を発表した。

発表された新しいアナウンスによると、

「我々Facebookは、これまで安全に仮想通貨関連の広告が掲載できるよう、過去数か月にわたって検討してきた。

バイナリーオプションやICO関連の広告は依然として禁止するが、仮想通貨に関する広告は許可する」

と言及されている。

安全性を正確に確認するため、Facebookは広告主から申請書を提出させる。

そして出稿希望者は、現在取得しているライセンスや公的な取引所で扱われているかどうか、そしてその他ビジネス上関連する公的な情報を提供する必要があるのだ。

実際に審査は厳しくしていくそうで、Facebook側もここまで情報を開示させれば誰もが簡単に広告を掲載できるわけではないので、安全性や正当性は確保できるという見解となっている。

また同時進行でブロックチェーンをはじめとしたテクノロジ―の研究も続けていくと発表しており、今後ユーザーにとってより良い環境作りに力を入れていく姿勢を見せている。

原典:「Facebook Reverses Ban on Cryptocurrency Ads, Maintains Ban on ICOs

ここまでの内容と考察

Mark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏率いるFacebookが、このタイミングで新たな方針を発表しました。

今まで仮想通貨・ICOともに全面禁止していた広告を、仮想通貨に関するものに限り許可したのです。

そもそも仮想通貨に関する広告を禁止した1月では、「詐欺広告や過激な煽りの広告によってユーザーが被害に遭うのを防ぐため」でした。

それが今後はFacebook内でユーザーにとって安全だと判断できた広告だけ掲載していくそうで、低迷している仮想通貨業界にとっても悪いことではなさそうです。

今後これをきっかけに仮想通貨業界が再び盛り上がってくれたらいいですね!
 



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事