サイバーエージェント社が仮想通貨事業に参入!

サイバーエージェント社が仮想通貨事業に参入!

コインチェックの一件があってから日本では仮想通貨のCMやニュースを頻繁に見るようになった。

仮想通貨への風当たりが強くなる中、サイバーエージェントは新たに仮想通貨を事業を取り組んでいくという。

アベマインターネットテレビ局のAbemaTV有名な株式会社サイバーエージェントは去年10月に仮想通貨事業を立ち上げた。

その新会社の名前は「サイバーエージェントビットコイン」で設立直後から仮想通貨交換業の登録申請中だ。

そんなサイバーエージェントビットコインはBitbankのシステムを借りて、仮想通貨交換業に取り組む。

なぜこのタイミングで仮想通貨交換業に参加?

サイバーエージェントは既に上場している大手の企業。そんな企業が仮想通貨交換業に踏み切ったのには理由があった。

それはサイバーエージェントは様々な事業を運営しているということ。これらの多くの事業から仮想通貨やブロックチェーンを活用とするアイディアが出ていたようだ。

これから新しい技術が出てくるのであれば仮想通貨に軸にしたサービスを会社で持っておくメリットは大きいという。

また、仮想通貨がもたらす未来について期待しているそうだ。

現在は投機的な面が注目されているが、仮想通貨やブロックチェーンのシステムが日常的に使用されると私たちの日常をガラッと変える。

数年を見越してやって行くという。

またサイバーエージェントのAbemaTVやゲーム事業とは相性がいい。

それは決算手段や投げ銭などすでに仮想通貨を取り入れているサービスが存在するからだ。

それらのサービスを行うためにも仮想通貨取引事業を成功される必要がある。

サイバーエージェントはほかの取引所にはないサービスや高い販売所の手数料などに目を光らせる。



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事