遂に登場!?生きる伝説ジョージソロスが仮想通貨投資を開始か

ウォールストリートの投資家がビットコインに注目している

金融界のレジェンドが、満を持して仮想通貨市場に乗り込む時がやってきたようだ。

アメリカの大手投資ファンドであるソロス・ファンド・マネジメントがこの度、仮想通貨投資を開始する事を決定した。

同ファンドは現在約260億ドル(約2兆8,600億円)近い資産を運用している巨大ファンドだ。

創設者であり生きる伝説とまで言われているGeorge Soros(ジョージ・ソロス)氏は、これまで仮想通貨をバブルであると批判し続けてきた。

同ファンドの関係者によれば、ソロス氏の批判の姿勢は確かに変わっていないが、それでもファンド内での投資に関する承認は既におりているという。

彼らはバブルと言われるタイミングにあえて参入し、世間とは違ったアプローチで収益をあげようとしている模様だ。

その証拠に、批判している張本人であるソロス氏は、既に昨年から仮想通貨関連の投資をスタートさせている。

具体的に彼がこれまでの期間でどれだけ儲けた・損をしたかはわかっていないが、それでも彼の投資スタイルを見れば答えの輪郭は見えてくるだろう。

もともと「イングランド銀行を潰した男」という異名まで持ち、神とまで崇められていたソロス氏は、基本的に逆張り投資を好む人間だ。

イングランド銀行が潰れた時もまさしく、彼は世間の反応の真逆を行き、一人勝ちをおさめた経緯がある。

そうしたこれまでの彼の言動やアプローチを見るにつけ、今回の仮想投資も、バブルと批判しつつあえてそれに乗ってきている可能性がある。

ソロス氏ほどの投資家となれば、たった一言で相場が大きく変動するため、今後も彼の仮想通貨市場に対する姿勢や発言には常に注目していく必要があるだろう。

今後のソロス氏、及びソロスファンドの動向に期待がかかる次第だ。

ここまでの内容と考察

投資家なら知らない人はいないであろうほどに有名なジョージ・ソロス氏が、自身が運営するファンドでも仮想通貨投資を開始し始めるという今回のニュース。

本文中にもある通り、ソロス氏は基本的に逆張り投資を行う事が得意で、頻繁に逆張り投資をしています。

そんな彼のスタイル故に、彼の発言と行動も例外無く真逆である事もしばしば。

今回で言えば、仮想通貨をバブルであると批判しながらも投資をしているのですから、彼の発言を表面的に捉えるのは少々危険です。

彼の本音がどこにあり、何を考えて仮想通貨投資を始めたのかはまだわかっていませんが、それでも彼を動かすほどに魅力的な仮想通貨の可能性は無限大でしょう。

今後の仮想通貨の未来と、ソロスファンドの動向・展望に期待していきましょう!

▼関連記事▼
スカイプで仮想通貨交換!?需要が高まる「OTC取引」とは

ICOの規制変更!?ビジネス研究会がルール改訂を提言



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事