「ビットコインの神」ロジャー氏、ビットコインキャッシュへの支援を公式発表

ロジャー・バー氏、ビットコインキャッシュへの経済的支援を表明

かねてからビットコインキャッシュの支持を表明しているRoger Ver(ロジャー・バー)氏、とCalvin Ayre(カルバン・エアー)氏は、ビットコインキャッシュを本物のビットコインとするために、多額資金を投入することを表明した。

ロジャー・バー氏は、ビットコインを広めた人物として知られており、「ビットコインの神」と呼ばれている。

また、ロジャー・バー氏は、Bitcoin.comというニュースサイトを運営しており、そこでビットコインキャッシュが正式なビットコインであるべきことを唱えている。

一方、エアー氏は、インターネットギャンブルサイトやオンラインゲームサイト運営している。エアー氏は、数年前に仮想通貨市場に参入しており、いくつかの仮想通貨の開発に投資を行っている。

ロジャー・バー氏とエアー氏は、それぞれが運営するウェブサイトおいて

「ビットコインキャッシュがSatoshi Nakamotoのビジョンを継承しているビットコインである。私たちはビットコインキャッシュをビットコインと呼ぶ。」

と共同声明を、写真付きで発表した。

今後、彼らの運営するウェブサイトでは、現在のビットコインを「SegWit1x(SW1)」11月のSegWit2xによってできるビットコインを「SegWit1x(SW2)」と呼ぶことになる。

実際、ビットコインキャッシュの公式サイトでは、ビットコインの生みの親「Satoshi Nakamoto」が提唱したビットコインのビジョンを実現するのが、ビットコインキャッシュである、と主張している。

共同声明の意図

彼らが、このタイミングでビットコインキャッシュがビットコインであるという共同声明を発表した意図は、ビットコインキャッシュの地位を固めるためである。

10月25日にビットコインゴールドが、11月中旬にはSegWit2xビットコインが生まれると、それぞれの関係者が、4種類それぞれが本当のビットコインだと主張するようになるだろう。

すると、ビットコインキャッシュの地位が下がり、比例して価格が下落する可能性がある。

そこで今回、ロジャー・バー氏とエアー氏が共同声明を発表し、ビットコインキャッシュのブランドを確立しようとしていると考えられる。

実際、今回の共同声明が発表された直後、ビットコインキャッシュの価格は急騰している。

原典:「‘Bitcoin Cash is Bitcoin,’ Roger Ver and Calvin Ayre Declare

ここまでの内容と考察

ビットコインキャッシュの価格は、10月17日にこの共同声明が発表されたことで大きく上昇しました。

ご存知だと思いますが、ロジャー・バー氏は、仮想通貨の関係者であれば知らない人はいません。ビットコインがここまで広まったのもロジャー・バー氏の功績が大きいと言われています。

今回は、そんなロジャー・バー氏の影響力の強さが証明されたチャートの動きですね。

ロジャー・バー氏は、以前からオフラインでもビットコインキャッシュを推進しており、ビットコインキャッシュを仕込んでいた人も多くいたのではないでしょうか。

仮想通貨の価格変動に大きくかかわるロジャー・バー氏に関する情報は常に収集していかなければいけませんね。

東京で開催されているビットコインのミートップに顔を出すこともありますので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事