ビットコインが9,000ドルに!仮想通貨市場が着実に回復か?

ビットコインが9,000ドルに!仮想通貨市場が着実に回復か?

4月22日の仮想通貨市場相場はビットコインは9,000ドル(約963,000円)に以上まで上昇し、イーサリアムは630ドル(約67,410円)を超える相場となった。

ビットコインは現在約8,977ドル(約960,000円)で取引されており、今日で9,000ドルを割った。

CoinMarketCapによると、BTCの取引量は約38.4%で、月間最高取引量の約44%から低下している。

イーサリアムは24時間に5%以上に上昇し、記事作成時には約637ドル(約68,150円)で取引された。

この価格は3月14日時の水準である。

23日のCoinMarketCapを見ていみるとトップ10までの仮想通貨は、すべてグリーンと上向きだ。

ビットコインキャッシュとIOTAはそれぞれ9%と10%上昇。

ビットコインキャッシュは記事作成時に1,240ドル(約132,600円)で、IOTAは約2.08ドル(約約222円)で取引されている。

すべての仮想通貨の時価総額を合わせると400憶ドル(約4.2兆円)に達しており、現在は約397憶ドル(約4.2兆円)となる。

この時価総額は3月初旬の水準だ。

さらに今週末は、仮想通貨の規制に関わるニュースがいくつか報道された。

そのうちの1つとしてインド準備銀行では、仮想通貨のビジネスが憲法に違反していると主張していたが、仮想通貨関連の企業はインド準備銀行に対し、クレームを提出。

インド準備銀行はこの通知を5月24日に返答し、その後はデリー高等裁判所によって報告される予定だ。

原典:「Bitcoin Brushes $9,000 As Crypto Markets Continue Making Steady Gains

ここまでの内容と考察

仮想通貨市場は、ビットコインの価格は9,000ドル(約963,000円))に達し、イーサリアムも630ドル(約67410円)に達しました。

それに乗じて、仮想通貨時価総額ランキング上位10種の仮想通貨は、すべてグリーンと上向きです。

仮想通貨の規制に関わるニュースも報道され、インドの仮想通貨禁止令の行方も相場の懸念材料となります。

今年に入り、仮想通貨の相場価格は下落を続けてきたものの、イスラム法の仮想通貨の容認やロックフェラーの仮想通貨参入の報道により価格は暴騰。

そこから価格を堅調に伸ばし、現在に至ります。

投資ファンドPantera Capital(パンテラキャピタル)のCEO(最高経営責任者)であるDan Morehead(ダン・モアヘッド)氏は今年のビットコインの価格について

「ビットコインは年末には2万ドル(約215万円)にまで上昇する。」

と述べており、今後も価格が上昇することが予想されます。
 
 



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事