プライバシーは完全無視?ロシア政府がテレグラムを遮断

プライバシーはどうなる!?ロシア政府がテレグラムを遮断

ロシアの人気メッセージアプリ「Telegram(テレグラム)」がプライバシー保護の問題を巡ってロシア政府と対立している。

Telegramアプリへのアクセス遮断

Telegram(テレグラム)は、ユーザーのメッセージを解読できる暗号カギをロシアのROSKOMNADZOR(通信・情報技術・マスコミ監督庁)と共有しなかったため、今月16日にアプリがブロックされた。

昨日の時点では、GoogleとAmazonが提供していた約2000万のIPアドレスがブロックされていた。

IPアドレスとは、インターネット上で通信相手を特定するために機器が与えられるナンバーのことで、IPアドレスがブロックされることでTelegramへのアクセスが遮断される。

しかし、Telegramは先週にロシア政府から検閲が発表された後に、ホスティングサーバーを移動させていたため、現在ではまだアプリを使用することができる。

当局代表のAleksandr Zharov(アレクサンドル・ジャーロフ)長官によると、今回遮断されたTelegramのネットワークは全体の30%程とのこと。

次回の遮断は、

「もっと過激で大規模な妨害が必要となる」

プロキシサーバーやVPNサービスのオーナーへ警告した。

「ユーザーのプライバシーは売り物ではない」

NSAの監視プログラムを暴くなど世界中の政府の違法・違憲な情報収集行為に立ち向かうプライバシー擁護者のEdward Snowden(エドワード・スノーデン)氏によると、今回のROSKOMNADZORの行動は、

「道徳的にも法的にも不作用な検閲努力」

でありロシアのインターネットを壊しているとツイッターで語った。

また、TelegramのCEO Pavel Durov(パベル・ドゥロブ)氏は、

「ユーザーのプライバシーは売り物ではなく、人権も恐怖や欲求から損なわれるべきではない」

と検閲に応じない姿勢だ。

原典:Russian Gov’t Blocks 20 Mln IP Addresses To Ban Telegram, App Still Operational

ここまでの内容と考察

ロシア政府がTelegramの検閲に踏み出しました。

これはユーザーのプライバシーに関するとても重要な問題。

政府がメッセージの内容を確認できないため、アプリがテロや反政府活動に使用されるという恐れもある一方、ユーザーのプライバシーも保護しなければなりません。

しかし、メッセージを暗号化しているメッセージアプリはTelegram以外にも多数あるため、なぜ政府がここまでTelegramを追い詰めるのかということも疑問されています。

今回のような検閲が、今後のロシアのプライバシー問題に関する方針にどう影響するのか注目されます。
 
 

▼Pickupニュース▼

「ビットコインに将来はない」元NSAの内部告発者が語る匿名通貨の将来性

ロシアで新たな法案発表!100万円以上の仮想通貨取引を規制対象に


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHDatecoinといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *

【※6月限定※】
今登録すると、今後値上がりが期待できるコインの情報を専門家の解説付きで2つご案内!!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信