メルカリが仮想通貨のハードウォレットの出品禁止へ

メルカリが仮想通貨のハードウォレットの出品禁止へ

メルカリは1月30日、仮想通貨のハードウェアウェレットを売買することを禁止した。

そもそも仮想通貨のハードウェアウォレットというのは、

「ブロックチェーン上にある仮想通貨を保管するためのお財布」のことである。

ネット上にファイルとしか存在しない仮想通貨を、外部のハッキングや不正から守るためにあるウォレットの中でも、USBのような外付けのデバイスに保管するものもある。

それが今回、メルカリが禁止した「ハードウォレット」というもの。

オンライン上で保管する仮想通貨を、USBなどのデバイスで保管すれば、より安全性が高まるとして非常に人気があるのだ。しかし今回、メルカリはそのハードウォレットの出品、販売を禁止した。

というのも、出品されているUSBにあらかじめ悪質なプログラムやウィルスが組み込まれており、PCに接続した途端に仮想通貨が盗まれてしまう可能性があるという。

メルカリも公式アプリで、

「購入されたハードウェアウォレットに不正なプログラムが組み込まれていた場合、暗号通貨も盗まれてしまう可能性があります。

また出品者の方も意図せずトラブルに巻き込んでしまうリスクを考え、ご利用の皆さまの安全のための処置となりますことをご理解ください」

と発表している。

現在メルカリはすでに出品されているハードウォレットを削除していく作業を進めており、今後も仮想通貨に関連した商品はなるべく扱いたくないとしている。

ここまでの内容と考察

今回メルカリが仮想通貨のハードウォレット売買を禁止したという記事でしたが、このメルカリの判断は当然の流れかなと思います。

コインチェックの一件で仮想通貨に対する不安や信頼性は大きく下がりました。ハードウェアウォレットに対する信頼性も然り、それを扱う業者-つまり今回はメリカリにも責任問題は及びます。

メルカリは売買禁止を発表しましたが、同じように多くの出品者がいるヤフオクやAmazonでは何の発表もされていません。

今後何らかの形で禁止、あるいは規制が入るかと思いますので注意しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

facebook

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信