ベネゼエラ政府がインドへ提案!仮想通貨Petro使用で原油の30%値引きへ

ベネズエラが発行した仮想通貨「ペトロ」は詐欺通貨?

インドの報道機関によれば、ベネズエラ政府はインドに対し、

「仮想通貨ペトロを使えば、原油の価格を30%値引きする」

と提案したという。

仮想通貨「Petro(ペトロ)」は原油の価値に裏付けられた通貨で注目を浴びているが、アメリカでは取引を禁止するなど世間を騒がせている通貨だ。

インドの取引所「coinsecure」のCEO Mohit Kalra(モヒト・カルラ)氏によると、今回の提案は先月ベネズエラ政府のブロックチェーン局から提示されたものだといい、

「ベネズエラは様々な国に行きオファーをするだろう。インド政府に対する提案は、ペトロを買えば原油の価格に対して30%割引するというもの」

と述べている。また今後インドでは原油を安く買える手段として大きな影響を与えるだろうと予想される。

さらにCoinsecureはペトロを販売する方針である事を明かした。そんなCoincecureはベネズエラにホワイトラベル式で取引事業を提供する計画をしているという。

ホワイトラベルというのは、すでに取引所として運営している取引所が、新規参入する取引所に取引システムを提供するというもの。

つまりペトロの取引を行う仮想通貨投資家は、その新しく提供された取引所でペトロを取引する事になる。

Coinsecureはベネズエラの10~15社にサービスを提供する予定である事を明かした。

原典:「India To Get 30% Discount On Venezuelan Crude Oil If Paid For In Petro, Says Local Source

ここまでの内容と考察

仮想通貨ペトロは原油に裏付けされた通貨として注目され、プレセールでは127か国以上から38億ドル(約4154億円)以上の資金を調達しました。

しかしその用途をめぐる議論や、ベネズエラの経済状況から詐欺という噂も出るなど、様々な意味で注目を集めています。

そんな仮想通貨ペトロが取引所に上場し、通貨の役割を果たすのかは疑問ですが、実際に決まったら大きな力を持つことは間違いないでしょう!

国が仮想通貨を発行したとして注目を浴びているベネズエラですが、仮想通貨を通じて経済を復活する事ができるのでしょうか?

ペトロ、ベネズエラに動向を要チェックです!
 







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信