イーサリアムが資本金の一部に?仮想通貨を取り入れた企業が設立

Ethereumのスマートコントラクト

仮想通貨を資本金の一部に組み込んだ企業が生まれるという。

その企業は、仮想通貨関連のベンチャー「スマートコントラクトシステムズ」は、金融システム開発のシンプレクスと作る共同出資会社に仮想通貨で現物出資を行う!

そこで使われる通貨はイーサリアムである。このイーサリアムは時価総額ランキング第2位の通貨でスマートコントラクトを使用した第2のビットコインといわれている通貨。

イーサリアムではブロックチェーン上に契約を付帯でき、これが実際に使われていたら、仲介業者などが無くなっていくといわれている。

このイーサリアムのシステムを活用しようと多種多様な企業が団結してできたのが、イーサリアム企業連合(EEA)である。

このEEAはJPモルガンとサンタンデールによって発足し、日本のトヨタも参入し大きな話題を呼んだ。

その仮想通貨を使用して現物出資を行うので注目は集まるだろう。

また不動産や有価証券など金銭以外での現物出資で仮想通貨が使われることが極めて稀なである。

そんな中、企業が仮想通貨を使用する場合の会計ルールが今月制定された。

仮想通貨は値動きするので、買った金額の値段から価格が変動することは日常茶飯事。

なので保有する仮想通貨は期末に時価を評価し、損益計算書に計上するというルールが決まり、今後も増えていくことが予想される。

ここまでの内容と考察

日本で初となる仮想通貨を資本金に組み込んだベンチャーが誕生したということで、注目を浴びているスマートコントラクトシステムズ社。

スマートコントラクトシステムズは価格の透明性を高める仕組みづくりを担うベンチャー企業として「シンプレクス社」と共同出資しているそうです。

資本金2億円のうち、シンプレクス社が1億2,000万円、そしてスマートコントラクトシステムズ社が9,800万円相当のイーサリアムを現物で出資するといいます。

仮想通貨市場全体の下落が止まらない今、イーサリアムを資本金に組み込むという新たなスタイルの企業は今後の仮想通貨業界の将来を良い方向へ導いてくれるのでしょうか?

今後の企業と仮想通貨の関係やEEAの動きにも注目ですね!

▼関連記事▼
Google・Facebookらが法廷に!?仮想通貨広告禁止が訴訟問題へ

仮想通貨取引所2社が撤退へ!金融庁の求める基準をクリア出来ず


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事