コインチェックがNEMや一部仮想通貨の出金・売却再開を発表!

コインチェックがNEMや一部仮想通貨の出金売却再開を発表!

1月26日に起こったNEMの流出事件。その影響で日本円以外の仮想通貨が出金・売却できなくなっていた。

しかしついに本日12日、コインチェックはNEMの補償とその他仮想通貨出金のお知らせを発表した。

まず盗まれた仮想通貨NEMについては、

・補償日時:2018年3月12日中
・補償金額:88.549円 × 日本時間2018年1月26日 23:59:59時点での保有数
・補償対象:日本時間2018年1月26日 23:59:59時点でNEMを保有していたお客様

と発表した。

一方で他の一部仮想通貨の出金、売買再開ついては、

・再開日時:2018年3月12日(順次)
・再開機能:一部仮想通貨の出金、売却(入金、購入は対象外となります)
・出金再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH、BTC
・売却再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH(BTCは当初より停止を行なっておりません)

となっている。

今回のコインチェックの発表を聞いて多くの人が安堵の表情浮かべた。

ちなみに今回の発表で、MoneroやZ-cash、DASHといった匿名コインは含まれてなかった。

現在も「みなし業者」であるコインチェックは、上記3つの匿名コインを取り扱っていることが認可の足枷になっているよう。

今後これらの匿名コインをどうするのかについても注目していきたい。

ここまでの内容と考察

コインチェックのNEMハッキング事件で多くの人が仮想通貨を出金出来ずに落胆していました。

その失われた通貨が返金されるということで大きな話題を呼んでいます!

過去に起こったMt.GOXの事件では、盗まれたビットコインが帰ってこなかったので今回は投資家にとって不幸中の幸いとも言えるでしょう!

今回のように取引所に通貨を預けておくとハッキングのリスクが伴います。

今回の教訓を活かして、より安全なウォレットなどで仮想通貨を自己管理するように心がけたいですね。

▼関連記事▼

一番安全性が高いのは?セキュリティが整っているおすすめ取引所ランキング

資金を安全に保管する仮想通貨ウォレットを徹底解説







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信