ライトコインの創始者チャーリー・リー氏が、保有LTCをすべて売却したことを発表

ライトコインの仕組みや特徴

ライトコインの開発者であるチャーリー・リー氏は、保有していたすべてのライトコインをライトコイン財団に売却したことを12月21日に明らかにしました。

これに関して、リー氏は「ライトコインの開発を放棄したわけではない。」と発言しています。

リー氏がライトコインを手放した理由は、批判から逃れるため?

リー氏がライトコインを今のタイミングで手放す理由は何だったのでしょうか。

それは、ライトコイン設立者としての発言が大きな影響力を持ってしまい価格が乱高下してしまうからです。

これに関してリー氏は

「ここ1年間、私はライトコインの価格に影響する発言をしないように意識してきた。しかし、ライトコインに関する発言をする度に、個人の利益のために発言をしていると批判される。

と発言。

ライトコインを手放すことで、個人の利益のための発言だと批判されることを避けようというのがリー氏の目的です。

ライトコインの未来は明るいのか?

ビットコインとLightning Networkの共同開発も順調に進んでいる今のタイミングでライトコインを売却することに関して、周囲から懸念を持たれている。

リー氏は、ライトコインを手放すことでライトコインの開発から離れてしまうのではないかという懸念に関して、

「今回の発表でプロジェクトの成功に焦点を絞ることができる。今後もライトコインのプロジェクトに取り組んでいく。」

と述べています。

今後、リー氏はライトコインの価格上昇とは別の報酬を受けられるようになるという。

リー氏への批判

リー氏がライトコインを手放したことで、仮想通貨をゲーム感覚で売買している人々がライトコインから離れてしまうのではないかという人もいます。

イーサリアムの共同設立者であるヴィタリック・ブテリン氏やジョセフ・ルビン氏は、彼らのイーサリアムを手放した場合、価格が下落してしまうのではないかという懸念を公表。

ただ、リー氏は強気の発言を崩さない。巨額の資産を投資しているノボグラッツ氏がこの件に関して尋ねた際、

「私はライトコインの成長には強気である」

と答えています。

ここまでの内容と考察

リー氏は、2011年にライトコインの開発を開始しました。ライトコインは、ビットコインに先駆けて「Lightning Network」と呼ばれる、仮想通貨のスケーラビリティ問題を解決するためのシステムを今年導入。

その後、ビットコインの開発者と共同でLightning Networkをビットコインにシステムを組み込んでいます。

このようにライトコインは、ビットコイン開発のための実験台のような側面を持っています。

そのように重要な位置づけを持つ仮想通貨であるライトコインの設立者であるチャーリー・リー氏は仮想通貨業界で大きな影響力を持つ人物として知られています。

今回の話が本当であれば、「誠実な仮想通貨」としてライトコインの注目度はさらに増していくのではないでしょうか。

ただ、これは一つのパフォーマンスとして見ることもできます。口ではいくらでも言えますからね。笑

実は裏でライトコインをまだ保有しているということも考えられます。仮想通貨市場はポジショントークが横行しているといっても過言ではないので、一つの情報に一喜一憂しない方が良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

facebook

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信