大手E-コマース「Amazon]」の子会社が仮想通貨データの特許取得を発表!

Amazon の子会社Amazon Techonologies(アマゾン・テクノロジーズ)が17日、仮想通貨の取引データをすべてのユーザーがリアルタイムで確認できる「ストリーミングデータマーケットプレイス」の特許を取得したことが明らかになった。

ストリーミングデータとは、インターネットに接続しながら数千ものデータを継続的に再生できる技術のこと。

従来のダウンロード方式ではデータの受信が完了するまで再生できないため処理時間が掛かるが、ストーミングデータを活用することで、データを受信しながら再生ができ、処理時間を短縮できるようになった。

特許文章によれば、

「ストリーミング分析サービスにより開発者はリアルタイムのダッシュボードを構築し、例外をキャプチャしてアラートを生成し推奨事項を実行。そしてリアルタイムのビジネス上または運用上のその他の決定を行うことが可能。」

と記している。

つまり、ストリーミングデータマーケットプレイスはビッグデータを取り扱う組織のニーズに応えるために開発され、ビジネスレベルまで運用可能ということ。

また、ストーミングデータマーケットプレイスを仮想通貨に活用することについても以下の通りに説明されている。

「例えば、ビットコイン取引を受け付けている電子小売業者や、インターネット小売業者のグループが、ビットコインアドレスと関連付けられる発送先住所を有することがある。

電子小売業者は発送先住所とビットコイン取引データを組み合わせ、相関性のあるデータを作成し、組み合わせたデータを結合データストリームとして再発行できる」

と説明しており、データを利用したい顧客は申し込みをすることで、結合データストリームが発行される形だ。

さらにストーミングデータマーケットプレイスを仮想通貨市場にに活用することで、リアルタイムの取引データをすべてのユーザーが確認できることも可能と説明した。

今後もアマゾンがビッグデータ市場、さらに言えば仮想通貨市場に対して、影響力を拡大していくことが考えられる。

原典:「https://cointelegraph.com/news/amazon-granted-patent-for-streaming-data-marketplace-with-bitcoin-use-case

ここまでの内容と考察

Amazon Techonologiesが仮想通貨の取引をリアルタイムで確認できる「ストリーミングデータマーケットプレイス」の特許を所得したことが17日に明らかになりました。

ストーミングデータとはデータの受信をしながら再生可能で、従来のダウンロード式よりも処理時間の短縮ができます。

ストーミングデータのの技術を利用することでビッグデータ市場、さらに言えば仮想通貨市場の運用を可能にしたのが「ストリーミングデータマーケットプレイス」ということです。

Amzonはネット通販会社でありながら、莫大な資本によって小売業に限らず他業種にも影響力を高めています。

今回のストリーミングデータマーケットプレイスの特許取得のように、仮想通貨の業界も例外ではありません。

Amazonの研究開発費は世界一と言われ、約2.4兆円を投資しています。

ストリーミングデータマーケットプレイスに限らず、今後も技術開発を進め、仮想通貨市場に影響力を拡大してくることも充分に考えられます。

もしかしたらAmazonが仮想通貨を発行する日が来るかもしれませんね。
 
 







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信