Yahoo!も取引所が開設!?仮想通貨業界の競争が更なる激化へ

Yahoo!も取引所が開設!?仮想通貨業界の競争が更なる激化へ

昨日23日、大手IT企業の「Yahoo!(ヤフー)」が、子会社を通じて仮想通貨取引所「ビットアルゴ取引所東京」を買収する事を正式に発表した。

両社は既に資本提携に合意していると見られ、来たる4月に実際の買収が行われるとの事だ。

その後の予定は、約1年間のシステム改善期間を経て、2019年4月から本格的にヤフーが仮想通貨取引所として指導する計画を立てている。

激化する仮想通貨取引所競争

今回Yahoo!が正式に仮想通貨取引所の設立を発表したが、これまでに様々な大手IT企業が同様の動きを見せている。

既に取引所を設立した例では、DMM.comや、GMO社などが挙げられ、

将来的には「サイバーエージェント」や「メルカリ」といった名だたる企業が名乗りを挙げている。

こうした激化する仮想通貨取引所競争の背景には、昨今不安視されつつある仮想通貨業界の未来への期待が含まれている。

終焉を迎えつつあるコインチェック事件を始めとして、日本の仮想通貨業界ではマイナスな事象が続き、世間のイメージはネガティブになってきている。

国内の仮想通貨取引量も減少し、一時期と比べて市場が縮んだ事も否めない。

しかし一方で、先日のG20(主要20カ国首脳会議)での結論にも反映されている通り、世界はこれからの仮想通貨業界に期待している。

確かにセキュリティ面等の諸問題は目の前に存在しているが、それらを差し引いても余る程のメリットが仮想通貨業界には存在している。

そんな仮想通貨業界を中心となって牽引していく存在である取引所には、大きな可能性が内包されており、それを見込んで各社がこぞって参入しているというわけだ。

今回Yahoo!が新たに仮想通貨業界に参入した事で、国内大手IT企業はほぼ横並び一線となり、今後ますます競争は激化していくように思われる。

はたして仮想通貨業界は今後さらなる躍進を遂げるのか。競争を制する企業はどこなのか。

Yahoo!の今後と、仮想通貨業界全体の未来に世界の焦点が集まっている。

ここまでの内容と考察

この度、大手IT企業のYahoo!が正式に仮想通貨取引所を買収し、仮想通貨業界に参入する事を発表しました。

本格的に始動するのは来年の春頃との事ですが、それでもYahoo!が参入するとなれば、仮想通貨業界全体の競争がより激化するのは必須。

本文中にもある通り、既にサイバーエージェントやメルカリといったライバルIT企業も仮想通貨業界への参入を決めているので、これからがますます楽しみになりますね。

仮想通貨業界に新たな風が吹く事を楽しみにしながら、これからも動向をチェックしていきましょう!

▼関連記事▼
やはり届いていた!金融庁が仮想通貨取引所「BINANCE」へ書簡を送付

仮想通貨トレーダーが調査!大手取引所「OKEx」の取引高が増加?



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事