イギリス政府、世界初のスマートコントラクト技術を法律に取り入れか?

イギリスでは現代技術の課題に取り組む一環として、法律にブロックチェーンのスマートコントラクト技術を組み込むようだ。

このことは、2017年4月1日から2018年3月31日までの第52回年次報告書で明らかになった。

スマートコントラクトとは、その名の通り「賢い契約」と呼ばれ、要は契約の自動化の事をいう。

これにより、仲介業者を挟まずに取引と契約を同時に行えるようになった。

そんなスマートコントラクトは様々な業種に使えるようになり、今回の報告書にも「自動車」、「住宅賃貸借」などを改良をするために承認された14分野が掲載された。

また政策制定プロジェクトの初期作業は2018年春に始まり、夏には完全に開始する予定であるようだ。

この報告書によると、スマートコントラクトの定義は、法的契約が自動的に、また少なくとも部分的に実行されるテクノロジーとした。

さらにスマートコントラクトについてなぜ関心があるのかについて、

「スマートコントラクトは、ビジネストランザクション(自己完結型の商取引)の効果を高めると予想され、ブロックチェーン技術を使用する事で信頼性と確実性が向上する事が示唆されている。

またグローバルでデジタル的な文脈で適用され、透明性や確実性が欠けているトピックに柔軟に対応できる」

と記されていた。この取り組みが成功した場合、英国は世界で唯一スマートコントラクトを法律で取り入れた国となる。

原典:「UK Govt. Researches Use of Blockchain Smart Contracts In Law

ここまでの内容と考察

イギリスがスマートコントラクト技術を法律に組み込むというニュースでしたが、非常に素晴らしい試みだと感じました。

上記にもあったように、スマートコントラクトは、透明性や確実性が非常に高く、改ざんなども防げるので、非常に不透明な世の中を変えるのではないでしょうか?

今後必ずスマートコントラクトやブロックチェーン技術は発展していきます。そんな中今回先駆けて取り組んでいるイギリスの法律に注目していきましょう!
 



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事