大手自動車会社Tesla(テスラ)がマイニングハックの被害に遭う?

RedLock(レッドロック)の最新の研究では、セキュリティの問題において、コンピューターのデータ盗難から演算能力盗難に変化しているという。

RedLockクライアントの大手自動車会社Tesla(テスラ)は、「cryptojacking(クリプトジャッキング)」の被害にあっているという。

クリプトジャッキングは、デバイスやPCを乗っ取り、強制的に仮想通貨のマイニングを行うこと。

ハイテクセキュリティコンサルタントであるRedLockによると、クリプトジャッキングは世界中のエンタープライズコンピューティングにとって最大のセキュリティ問題の1つになるという。

RedLockチームによると、Teslaは「Amazon S3(Simple Storage Service)」を含む「Amazon Web Services(AWS)」を使用していた。ハッカーはここに保存してあるデータにアクセスし、テスラのテスト車両、テレメトリーやその他の車両データを収集した模様。

しかしこの機密情報へのアクセスは、ハッキングの全体的な目的ではなかった。本当の目的は、AWSの空き容量を使用して、仮想通貨マイニングを行うこと。

Teslaのサイバーセキュリティを欺くために、IP脅威インテリジェンスソフトウェアがハッキングを感知しにくくしたり、IPアドレスを隠していた。

彼らは、マイニングプールソフトウェアをインストールし、ソフトウェアが「非公開」のセミパブリックエンドポイントを作成するように設定。

IP脅威インテリジェンスソフトウェアが悪意のある脅威を分析することを困難にしたという。

また、ハッキングの検出を回避するためにマイニングソフトウェアを低使用レベルで動作するようにも構成していた。

原典:Hackers Cryptojack Tesla’s Cloud to Mine Monero

ここまでの内容と考察

昨年末から仮想通貨マイニングによるハッキングが増加しています。

低レベルで稼働しているマイニングソフトウェアを感知することは難しく、今後も被害が増えると考えられます。

今後もクリプトジャッキングのニュースに注目が集まります。


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事