たむらけんじ、コインチェックの一件について解説!

コインチェックの一件でお笑い芸人たむらけんじにクレーム殺到?

コインチェックの一件で話題となったお笑い芸人のたむらけんじ(44)が3月2日放送された(AbemaTV)に出演した。

そんなたむらけんじ氏は、

「コインチェックばりに叩かれた」

と発言して笑いを誘っていた。

またニュースで報道された「たむらけんじ氏3500万円の儲けを出した」というニュースを否定。

これについてたむら氏は、

「あくまで含み益で3500万円である。現在は価格は下がっているし、まだ利益はだしていない」

と発言。

さらにたむらけんじ氏は、

「今回の炎上してくれて東京で仮想通貨関連で仕事が来る。本当に炎上させてくれてありがとうございます」

このように現在の活動を話した。

また仮想通貨に投資するなら、

「リスクがあるのでどうなってもいいお金で投資しないとダメ」

と発言。

今回の番組でたむらけんじ氏は、仮想通貨関連で大きなニュースとなった話題についてすべて解説し疑いを晴らした。

ここまでの内容と考察

コインチェックの一件で話題となったたむらけんじ氏が今回の騒動の真相について解説。

報道だけでは伝わらない内容まで番組司会の西野氏と話し合っていました。

そんなたむらけんじ氏は仮想通貨やブロックチェーンのシステムについて絶賛。

「勉強するにつれ、投機というよりはブロックチェーンの未来に投資するようになった。そこで買った通貨は動かしていない」

と発言していました。仮想通貨がもたらす未来に期待しているとのことです。

実は、仮想通貨に投機の目的だけで投資をする人が多いです。ブロックチェーンや仮想通貨のシステムに共感する人が増えていけば良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事