リップルやCoinbaseの証券がトークン化される!

本日プライベートエクイティのブロックチェーンである「Swarm」が、Ripple(リップル)やCoinbase(コインベース)、Robinhood(ロビンフッド)をはじめとする大手企業の証券を流通市場で発行すると発表した。

プラットフォームを展開するSwarmのCEOで共同設立者でもあるPhilipp Pieper氏は、

「私たちの目標は、投資を民主化することです。公平を表すトークンを導入することは、この使命の大きな前進になります」

と述べており、プロジェクトの前進に期待を寄せている。

Swarmのプラットフォーム上では「Swarmトークン」を使ってリップルなどのセキュリティトークンを購入することができるようになる。

ちなみにトークンが発行される企業は、

・Ripple
・Coinbase
・Robinhood
・DIDI

など、世界に名だたる大手企業ばかり。

しかし、今回の発表はこれらの企業との「提携」ではない。

アメリカでは米証券取引委員会(SEC)がセキュリティトークンに対して規制を行っているが、今回の発表をきっかけに仮想通貨業界やセキュリティトークンが今後どう認知されていくのか。

原典:「Swarm to launch new tokens representing equity in Coinbase, Robinhood, Ripple, and Didi

 



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事