フィリピン中央銀行が独自銀行発の仮想通貨「CBDC」発行へ

フィリピン中央銀行は、中央銀行発行の仮想通貨「CBDC」の発行を検討しているという。

同銀行のNestor A. Espenilla, Jr(ネストル・エスペリニャ)総裁は、仮想通貨発行について、

「最近活発に行われている、中央銀行発行の仮想通貨や地方金融システムに仮想通貨は大きな影響を与える」

と明かした。

しかしフィリピンの中央銀行は通貨発行にあまり熱心ではないという。

中央銀行のエスぺニラ氏は、その通貨が金融にどのような信用や影響を与えるのかを徹底的に検討しているそうだ。

前向きに捉えてはいるが、やはりまだ仮想通貨には全幅の信頼はないという事だろうか。

そんな中フィリピン意外でも、エクアドル、セネガル、ベネズエラ、マーシャル諸島などの国々は、法的支払い形態として仮想通貨を発行する方向で話が進んでいるという。

中央銀行発行の仮想通貨に対し、スイスを本拠地とするクリプトバレー・アソシエーションのCecilia Mueller-Chen(シリシア・チェン)代表も金融当局にブロックチェーン技術や仮想通貨を利用する際の規制をまずは明確にすべきと述べた。

国家主導の仮想通貨発行が行われるのもそう遠くないはずだ。

原典:「BSP considering the possibility of issuing digital currencies

ここまでの内容と考察

今回のニュースは、フィリピンの中央銀行が仮想通貨を発行するのを検討しているという内容でした。

上記でもありましたが、最近国策として中央銀行発行の仮想通貨が検討されたり、すでに行っているプロジェクトがあるなど、人気を博しています。

今回はフィリピンという事でしたが、フィリピンと仮想通貨の愛称は抜群。

それにはフィリピンの出稼ぎ労働者が関係しており、海外で出稼ぎしているフィリピン人が海外から母国に送金するときの手数料を大幅に削減できるという背景が関係しているのです。

フィリピンで火葬通貨が主流になった場合さらに、経済成長著しいフィリピンがさらに成長するのではないでしょうか?

今後の動向に注目です。

 


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事