ライトコインの価格が今週だけで36%もアップ?

ライトコインの価格が今週だけで36%もアップ?

ライトコインの驚異的な成長の背景とは?

ビットコインの欠点を改善したと言われているライトコインの価格が、1週間で35%以上も上昇しているとして注目を浴びています。

出典:CryptoCurrency Market Capitalizations

 

特にこの1週間(6月の25日~7月4日あたり)は時価総額6位のNEMも合計22%上昇し7位のDashも17%上昇。そしてビットコインに次ぐ第2位のイーサリアムも16%以上価格が上昇しています。

仮想通貨のブームに乗るライトコイン

1週間で大きく価格を上昇させたライトコインは、実は今年の3月13日には1LTC=3.85ドル(約350円)でした。それが昨日7月4日には1LTC=51.64ドル(約5,800円)にまで上昇しており、3月からのビットコインとイーサリアムの成長率を大幅に超えています。

このライトコイン急上昇の背景には、「Bitgo」のサポートによるプラットフォームのセキュリティサービスが改善されたことによると言われています。

ちなみに「Bitgo(ビットゴー)」というのは世界最大規模のウォレット会社で、セキュリティの高さに特化したマルチシグネチャー型のプラットフォームで動作しています。

ライトコイン開発者であり、CoinbaseのエンジニアディレクターでもあったCharlie Lee(チャーリー・リー)氏はライトコインの更なる開発と革新に専念するために、coinbaseのエンジニアディレクターとしての地位を辞退し、Bitgoとの連携を進めていくと発表しています。

Bitgoとの連携についてリー氏は

「このセキュリティサービスの実装は、ライトコインのコミュニティと仮想通貨業界にとって大きな一歩になるだろう。」

と述べています。

Segwitがライトコインの成長を後押し

4月下旬、リー氏は中国に拠点を置くライトコインのマイナーたちに対して分離監視を行うことに合意しました。さらに4月21日、Bitmain(Antpool)、BW.com、F2Pool、OKCoinを含む主要なマイニング業者がSegwitのアクティベートに向けた支援を表明した「Litecoin Global Roundtable Resolution 001」が発表されました。

ライトコインは4月にSegwitを導入してから既に時価総額が2億ドルから25億ドルにまで増加しており、今ではイーサリアムクラシックやDash、NEMを飛び超えて時価総額第4位になっています。

原典:「Litecoin Price Surges, Market Cap up 36% in a Week

ここまでの内容と考察

仮想通貨を既にお持ちの方や時価総額を普段から見ている方は、最近のライトコインの高騰ぶりには驚きを隠せないかと思います。管理人自身も正直、まさかライトコインがここまで成長してくるとは思いませんでした。

ビットコインが持つ最大の課題である「承認時間の遅さ」をSegwitによって改善したライトコインは、既にオンラインショッピングをはじめ、至るところで利用可能となっています。

最近、様々なところで「8月1日にビットコインに何かが起こる」という噂を耳にします。

以前はここまで広まっていなかった情報だったのですが、7月1日に仮想通貨に対する消費税がゼロ、つまり非課税になったこともあって少しずつ仮想通貨への認知度が広がってきているのかなと思います。

この8月1日(厳密に言うと、8月1日~11月15日の間)はビットコインと密接な関係を持つライトコインにも何か影響があるかもしれないので、今後の動向をこまめにチェックしておきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事