ビットコインが再び7500ドル超え、仮想通貨市場における支配率高める

ビットコインは22日までの24時間で約1%上昇する成長を見せ、7,500ドル(約75万円)の大台を超えた。

ビットコイン支配率

ビットコインを除く、時価総額上位20個のコインはいずれも1%以上の上昇を見せておらず、比較的穏やかな成長のようだ。

7月16日(月)の朝には6,500ドル(約65万円)を下回っていたビットコインだが、約1,000ドル(約10万円)の上昇を見せた現在、7,500ドルの価格に落ち着いている。

ビットコイングラフ

対して、代表的なアルトコインであるイーサリアムは、先週の好調とは一転、今週はわずか3%の上昇幅。

イーサリアムグラフ

イーサリアムが盛り上がりに欠ける一方、好調なビットコインの合計時価総額は約2850億ドル(約28兆500億円)になり、仮想通貨市場における支配率は現在45%に達している。

ビットコイン時価総額

以上のようなビットコインの成長から、世界でも有数の取引所であるシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は、ビットコイン先物取引の日平均取引量が第2四半期に93%増加したと発表。

また、CMEに寄せられるビットコイン先物に関する問い合わせは、4-6月期に2,400件を超え、前期から58%のプラスになったことを明らかにした。

原典:「Bitcoin Breaks $7,500 Point After a Week of Solid Growth, BTC Dominance Goes Up

ここまでの内容と考察

今回のニュースは、ビットコインの価格が先週より約1,000ドル(約10万円)も上げて7,500ドル(約75万円)を超えたというニュースでした。

これを受けて先日、世界最大の資産運用会社であるブラックロックがビットコイン先物に投資するか検討していると発表したのです。

このように、今まさに再燃している仮想通貨ビットコイン。

今後の動向に注目していきたいところです!!

 



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事