無登録で仮想通貨の投資を募集か?日本企業2社が業務差し止め

無登録で仮想通貨の投資を募集か?日本企業2社が業務差し止め

日本の証券取引等監査委員会は29日、金融商品取引業の登録がないにも関わらず、仮想通貨の投資を募集したとして、日本企業の2社を業務の差し止めを裁判所に申し立てた。

無登録で仮想通貨の投資を募集したのは、「オレンジプラン」と「ゴールドマイン」、及び両社長だ。

2社は平成28年11月頃から、韓国の法人が発行する「ポートフォリオコイン」と称した金融商品を販売。

このポートフォリオコインは、販売価格1口5万円に対し、週5%の利子を受け取れるとうたい、投資を募っていた。

しかし、ポートフォリオコインの販売を行ったにも関わらず、韓国の法人に売り上げの送金がなかったという。

では、ポートフォリオコインの売り上げは、どこにいったのか。

関係者によると2社は、8000人の投資家から約31億円を売り上げたほか、会員登録料で約10億円の資金を集めていた。

計約41憶円のうち約26億円は、投資家への配当に回すことで、会社を経営していたという。

また、残りの約15億円の使用用途はいまだ不明で、そのうちの10億円は現金で引き出された形跡がある。

証券取引等監査委員会は調べを進めるとともに、今後も違法行為を続ける可能性があると判断し、2社の業務差し止めを裁判所に申し立てた。

2社及び両社長の処分に注目が集まる。

ここまでの内容と考察

監査委は、無登録で仮想通貨の投資を募ったとして2社と両社長の調べを行っていますが、まだまだ不明な点は多いです。

オレンジプランとゴールドマインの関係性や現金で引き出された現金約10憶円の使用用途など、気になる点はたくさんあります。

しかし、一番の驚きはポートフォリオコインによって、約31億円の資金を集めることができたことです。

金融商品取引業の登録がない企業でも、マイナーな仮想通貨でこれだけの資金を集めることができてしまう。

仮想通貨の投資をするときは、儲かるという視点だけではなく、信頼できるかという視点でみる必要があります。

なので、仮想通貨の投資をするときは注意が必要です。
 


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事