コインチェックから流出したNEMが他のコインに交換された?

コインチェックから流出したNEMが他のコインに交換された?

1月26日に起きたコインチェックでの仮想通貨流出事件。

当時の価格で約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が何者かにハッキングされ、流出したというもの。

それを受けてNEM財団はすぐさま「JK17」というホワイトハッカーと協力し、犯人の追跡・補足へと動いた。

そんな状況の中、NEM財団は流出したNEMが他のコインと交換された可能性があると発表した。

具体的には1日の夜中にハッキングしたNEMのうち、約2,000XEM(約22万円)がフィリピンのIT企業が行ったICOに送金されたという。

これによってICOトークンを受けとったのかは不明だが、そのフィリピンのICOでは確かにNEMでの受け入れもしていた。

2日にはチェコの仮想痛両替サービスへも送金された模様で、約1,200XEM(約12万円)が利用されたという。

NEMを奪った犯人はすぐさま大量の口座へNEMを分散しており、アメリカの「Poloniex(ポロニエックス)」やニュージーランドの「CryptoPia(クリプトピア)」など国も取引所もバラバラ。

現時点では、分散されたNEMの口座はほとんどすべて特定できているらしいが、これもイタチごっこのようなもの。

特定されたらまた新しい口座を作り、そこにNEMを分散させる。これをNEM財団とハッカーの間で繰り返されるだけなのだ。

NEM財団は先手としていくつかの関連する取引所に対し、

「ある特定のアカウントからNEMが送金されてきたら、そのアカウントを凍結してくれ」

と申請をしているそうで、ハッカーもうかつに送金できない状況になっているという。ただ今以上に複数の口座にNEMを分散された場合、ネット上での監視・管理が難しくなってくる。

そうなる前に犯人の特定を急ぎ、流出されたNEMを回収したいところだ。

ここまでの内容と考察

コインチェック事件から1週間が経ちました。

流出したNEMをすぐさまNEM財団と「JK17」というホワイトハッカーが追跡しているそうです。JK17は実は年配の凄腕ハッカーだという噂もありますが…

今回その流出したNEMに動きがあったそうで、既にいくつかのNEMが送金・両替に利用されたそう。

フィリピンのICO案件以外にもロイヤルコインへの換金も特定できたそうで…

もうここからは、本格的にハッカーとNEM財団・JK17との闘いになってくるでしょう。

ちなみに2日に、金融庁はコインチェックへ立ち入り検査を実施したそうで、今後のセキュリティ対策や返金・出金の対応について検査が行われたそうです。

今後もコインチェックをはじめとする最新情報には注意しておきましょう!


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事