ビットバンクがビットコインゴールドの対応方針を発表

ビットバンクがビットコインゴールドの対応方針を発表

日本国内で仮想通貨取引所を運営するビットバンク株式会社が、BitcoinGold(ビットコインゴールド:BTG)への対応方針を発表した。

ビットバンク株式会社は、ビットコインやイーサリアム、リップルなどの現物取引ができるbitbank.ccと、ビットコインのレバレッジ取引を行うことができるbitbanktradeを運営している。

今回、ビットバンク株式会社は、ビットコインゴールドの採用の可否は明確にしておらず、一定の基準を満たせば採用をすることにしている。

現在ビットコインゴールドに関して問題となっているのが、分岐した後、秘密鍵が流出してしまう「リプレイアタック」である。

オリジナルのビットコインを保有し続け、かつ新たに付与されたビットコインだけを売却した際に、2つのビットコインの秘密鍵が結び付いているために、オリジナルのビットコインの秘密鍵をハッキングされてしまうリスクが高まります。

このリプレイアタックに対する対策が8月にハードフォークしたビットコインキャッシュではきちんと行われていましたが、ビットコインゴールドでは不十分であると言われています。

そのため、顧客の資産保護のためにビットバンクは、リプレイアタックへの十分な対策をビットコインゴールドの配布条件にしています。

また、ビットバンクは、ビットコインゴールドの開発が遅れていることを懸念しており、リプレイアタック以外の開発において、予定通りのシステムが構築されることも配布の条件に加えています。

Bitcoin Goldに対するビットバンクの対応方針について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事