速報!Binanceが新たにブロックチェーンファンド設立へ

Binance(バイナンス)の使い方や登録、入金方法を徹底解説!

時代を彩る新たな形のファンドが、今誕生しようとしている。

先日、世界最大手の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」が、衝撃の発表を行った。

それによれば、同取引所は約10億ドル(約1,100億円)規模の、ブロックチェーンを使った新たな形のファンドを設立する予定だという。

同ファンドでは、Binance独自の通貨である「BNBトークン」のみを投資手段として取り扱い、投資家はこれを購入する事で、資産を運用する事が可能となる。

今年に入ってからますますその勢いを加速させている同取引所は、4月に本拠地をマルタ島に移した事を皮切りに、既にここまで4つものブロックチェーンプロジェクトを支援してきた。

そのいずれも高い成長率を見せているだけに、今回の大型ファンド設立への期待も高まる一方だ。

今回の大型プロジェクトに際して、実質的にファンドを運用するBinanceの子会社「バイナンス・ラボ」のCEOは、

「我々は適切なレベルで資産運用を行なっている。それは決して短期ではなく、長期的なものだ。

投資家や起業家を巻き込み、共に未来を信じながら事業に取り組んでいく所存だ。」

と、コメントを寄せている。

今後更なる事業規模拡大を図る中でBinanceは、パートナーとなる1億ドル(約110億円)以上を保有する企業を、計20社ほど探している最中との事。

そんな中で市場を見渡してみれば、既にライバル企業(取引所)であるHuobiも、Binanceに先駆けて同様にファンドを立ち上げている。

まさに息をつく間もないほどに白熱さ・激しさが増す仮想通貨市場で、Binanceはこれまで通り覇権を握り続ける事はできるのだろうか。

王者の真価が、今問われ始めている。

ここまでの内容と考察

世界最大手の仮想通貨取引所Binanceが、新たに10億ドル規模の巨大ブロックチェーンファンドを立ち上げる予定だという今回のニュース。

最近ではこうした巨大取引所がふんだんな資金を用いて、ブロックチェーン仕様の新たなファンドを創る動きが活性化してきているように思えます。

将来的に仮想通貨がますます一般に普及し、より日常的に使用できるシーンが増えれば嬉しい限りです。

今後のBinanceの活躍、ひいては仮想通貨市場全体の動向に注目していきましょう!
 



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事