アメリカの俳優が世界自然保護基金に400億円相当のXRPを寄付

アメリカの俳優がWildlife Fundに400億円相当のXRPを出資

アメリカで大人気のハリウッド俳優が、何とも粋なサプライズを演出した。

今回話題となっているのは、全米中で大人気のハリウッド俳優、Ashton Kutchers(アシュトン・カッチャー)氏が起こした珍事だ。

ドラマ「ザット‘70s ショー」や、映画「抱きたいカンケイ」等で一世を風靡した有名俳優の彼は、この度約400万ドル(約4億4,000万円)もの大金を、とある人物が運営する野生動物保護団体に、なんと「仮想通貨建てで」寄付したのだ。

その運営者とは、これまた全米で知らない人はいないほどに有名な大御所タレント、Ellen DeGeneres(エレン・デジェネレス)氏。

今回Ashton氏は、Ellen氏が司会を務める人気トーク番組「エレンの部屋」に出演し、その場で彼女にサプライズの誕生日プレゼントとして、約400万ドルを仮想通貨「リップル(XRP)」建てで寄付した事を発表した。

この前代未聞の発表に、Ellen氏本人はもちろん、番組観覧者までもが息をのむほどに、驚きの渦に巻き込まれた。

その額の大きさもさることながら、やはり「リップル建て」で実際に募金を支払ったという実績は、これまでの記録上なかなか存在しない。

その意味で、Ashton氏はまさに最高の贈り物を、Ellen氏の元へ届けたというわけだ。

今回の寄付に関して、Ashton氏本人は、

「困っている人がいれば誰でも助けるEllen氏の姿勢に、私は非常に感銘を受け、自分も彼女に何かしてあげたくなった。

それならばと思い、彼女が運営している基金に寄付を考えたが、少し工夫を加えるためにあえて仮想通貨(リップル)で支払う事にしたのだ。

Ellen氏がこれほどまでに驚き、そして喜んでくれたので、何より嬉しい。」

と、思わず笑みをこぼしながらコメントを寄せている。

ここまでの内容と考察

全米で大人気のハリウッド俳優Ashton氏が、大御所タレントのEllen氏が運営する基金に、サプライズで仮想通貨の寄付を行ったという今回のニュース。

寄付した額の大きさも桁違いですが、やはりそれ以上に仮想通貨の「リップル」建てで支払ったという事実には、衝撃が隠せません。

やはりアメリカは、やる事のスケールと質がひと味違いますよね。

これを契機に、より広範囲の国や地域で、仮想通貨が普及していけば嬉しく思います。

今後の仮想通貨市場全体の広がりに、期待していきましょう!
 


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事