投資初心者が押さえておきたい3つの大原則とおすすめ運用先

初心者が押さえておきたい3つの大原則とおすすめ運用先

未経験者が知っておきたい資産運用の基本とは?

このコンテンツでは投資初心者のあなたが押さえておきたい3つの大原則についてまとめています。

マイナス金利やアベノミクスといった影響を受けて、最近投資に注目が集まっています。しかし投資初心者の中には「リスクが怖い」や「本当に稼げるの?」といった疑問や不安を抱いている方が多いのも事実です。

また実際に始めようとしても「資金っていくら必要なの?」「初心者にはどの投資商品が向いているの?」と思う初心者の方もいるかと思います。そこで今回は、そんな初心者の悩みや不安を解消するために、知っておきたい3つの大原則や初心者に向いているおすすめ投資商品について見ていきましょう。

まず運用金額を「余剰資金」から把握する

余剰資金から運用資金を把握する

まず初めに見ていく大原則は、「余剰資金の把握」になります。余剰資金というのは、月の収入から家賃や食費といった生活に必要な資金を差し引いた資金になります。

余剰資金と言われてもよくわからないかと思うので、実際に余剰資金がどのくらいになるのかというのを、Aさんを例に見ていきましょう。

Aさんの収入 20万円
家賃や水道代・ガス代など -10万円
携帯代・食費 -5万円
Aさんの余剰資金 5万円(20万円-15万円)

Aさんのケースでは20万円の収入に対して、生活費15万円を差し引いた資金5万円が余剰資金になります。投資を始める初心者の方は、このように余剰資金から投資資金を考えることが基本になります。

万が一余剰資金を把握せずに投資を始めてしまうと、知らぬ間に生活費を使ってしまっていた、なんて事にもなりかねません。もしそうなってしまうと、最悪の場合生活ができずに借金をしてしまう可能性もありますね。

これから投資を始める初心者の方は安全に投資を始めるためにも、余剰資金から投資資金を考えることをおすすめします。

自分の投資スタイルから「目標利回り」を設定する

目標利回りの決定

2つ目に紹介する原則は、自分の投資スタイルから「目標利回り」を設定することになります。

ここでは投資を行うにあたって何を重要視するのかという「投資スタイル」の考え方やそれに合う目標利回りの設定方法を見ていきましょう。

初心者が自分の投資スタイルを明確にするポイント

初心者のあなたがどの投資スタイルに合うのかを確認するためには、まずは自分が投資で重要視するものを決めます。

例えば、

・リターン
・安全性
・換金性

などになります。どれを重要視するかによって、どの金融商品で運用するかが変わってきます。例えば、リターンを求めるならば株式やFX、投資信託や外国証券などになりますね。

ここでは、例として「リターン」、「安全性」、「換金性」の3つでそれぞれ向いている投資商品とその特徴を一覧にまとめてみました。

重要項目 向いている金融商品 特徴
リターン 株式・投資信託・FX
・不動産投資・仮想通貨
売買差益や為替差益などと同時に
分配金、配当金、スワップポイント
なども得られる。
安全性 国内債券・定期預金 個人向け国債などは特に安全性が高い
換金性 MMF・MRF・預金
(FX、仮想通貨)
直ぐに現金化でき、元本割れはほとんどない

このように、自分が何を重要視するかによって向いている投資商品がそれぞれ異なります。初心者の方は目標利回りを決める前に、まず何を求めて投資を行うのかを明確にすることがポイントだと言えます。

目標利回りの設定方法

投資初心者がある程度投資スタイルを明確にできたら、次に「目標利回り」の設定を行います。

利回りというのは、投資で得られる収益を1年あたりに換算したものになり、これに対して金利や利率とは元本に対する1年間の利子の割合になります。ちなみに目標利回りを決める際には「(最終利益÷投資資金)÷運用年数×100」という計算式を使って算出します。

例えば、投資資金100万円、5年間の投資期間で120万円まで増やしたい場合

{20万円(最終利益)÷100万円(投資資金)}÷5年間×100=4%になりますね。つまり1年間での目標利回りは4%となります。

このようにこの計算式を使えば、1年で得たい目標利回りが明確になりますね。ちなみに投資商品によっても1年で得られる利回りが異なりますので、ここに1年間で得られる利回りの目安を投資商品ごとにまとめてみました。

投資法 目安利回り・金利 リスク 最低初期投資額
銀行預金 0~0.01% 1円~
MMF/MRF 0~0.1% 1円~
国債 0.05% 1万円~
外国債券 1~4% 数万円~
株式 0~6% 中~高 5万~7万円
投資信託 0%~20% 中~高 数千円~
外貨預金 0%~5% 数千円~
FX 5%~20% 4万円~
仮想通貨 0%~20% 数百円~

このように算出した目標利回りが達成できる投資商品を選ぶことがポイントになります。

必見!初心者はリスク管理を徹底する

投資初心者が押さえておきたい大原則の3つ目は「リスク管理」になります。リスク管理の方法には「分散投資」と「損切り」の2つがあるのでそれぞれ見ていきましょう。

投資を行う上で重要な「分散投資」

分散投資とは、資金を複数の金融商品に分けて投資をすることで、仮にその中の1つが値下がりしても他のものでカバーをするというものです。

例えば、株と債券は値動きが逆の動きをすると言われています。仮に株価が暴落しても債券が高騰するので、債券を保有していることで損失が軽減されますね。

このように分散して投資を行うことによって一度に大きな損失をしてしまうリスクを抑えることが出来るのです。ちなみに分散投資には、今紹介したように違う投資商品に分けることも含めて5パターンの分散方法があるので一覧にしてみました。

分散方法 内容
銘柄分散 同じ株式などでも異なる銘柄に分散させる方法
資産分散 株式、債券、投資信託、不動産投資、仮想通貨など市場を分散させる方法
通貨・地域分散 国や通貨を分散させる方法
セクター分散 業種や分野に分けて分散する方法
時間分散 売買する時期を分散させる方法

これから始める初心者の方は、まずは「銘柄分散」や「時間分散」など簡単な分散方法から始めることがポイントになります。

損失リスクを抑える方法として有名な「損切り」

続いて、初心者がリスク管理をするのに重要な「損切り」についてご説明させて頂きます。

損切とは、既に損をしている金融商品(株式やFXなど)がこれ以上損失を出す前に、損失を最小限にとどめるために損を確定することです。資産運用の初心者が投資に失敗する理由にこの「損切り」ができないことにあります。

ではそんな初心者の方が上手く損切りを行うにはどうすればよいのでしょうか?

投資初心者のあなたが上手く損切りを行うためには「損切りルールを確立する」というポイントが重要になります。損切りルールというのは、損失がいくらになったら損切りを行うというルールを自分の中で定めておくことです。

例えば「損失が2万円になったら損切りを行う」といったルールを決めておけば、初心者であっても2万円以上の損失は発生しません。このように投資初心者の方は損切りルールを確立して、リスク管理を徹底することをおすすめします。

初心者向けのおすすめ投資商品とやり方を大公開!

投資初心者におすすめは仮想通貨

ここではこれから投資を始める初心者のあなたにおすすめの投資商品として「仮想通貨」を紹介していきます。

仮想通貨というのは、その名の通り「仮想」の通貨です。円やドルといった法定通貨のように紙幣や硬貨が存在するわけではなく、主にインターネットでの取引の際に利用できる通貨になります。

ではなぜ仮想通貨がおすすめなのでしょうか?

仮想通貨が投資初心者におすすめの理由

仮想通貨はこれから紹介する5つの理由から、投資を始める方におすすめだと言えます。

・価格の変動率が大きいので初心者でもハイリターンを得ることができる
・通貨として利用しても便利である
・手数料や送金コストが格安
・入金、送金の限度額が無い
・初心者でも少額で始められる

仮想通貨は他の投資商品に比べて価格の変動率が大きく、初心者の方でも大きなリターンを狙えます。さらに仮想通貨は数百円~数千円といった非常に少ない資金で始められるの、大きな資金を準備するのが難しい方や初心者にピッタリですね。

当サイトには仮想通貨をゼロから学べる入門記事もありますので、興味がある方はこちら!

仮想通貨をわかりやすくまとめた記事はこちら

仮想通貨の始め方

では実際に仮想通貨を始めるにはどうすればいいのでしょうか?始め方は色々ありますが、初心者の方でも安心して取り組むには「取引所」の口座を開設することが一般的になります。

取引所というのは仮想通貨を買いたい人と売りたい人をマッチングさせる仲介サービスのことをいいます。世界中に仮想通貨の取引所があり、それぞれ手数料や特徴、取り扱い仮想通貨が異なります。

今回は国内にある取引所の中でも最も人気がある「bitFlyer(ビットフライヤー)」という取引所を例に、登録方法やコインの買い方を見ていきましょう。

1. bitFlyerホームページ上の無料アカウント作成ボタンをクリック

2. メールアドレスを入力後に開設ボタンをクリックして「bitFlyerをはじめる」をクリック

3. 届くメールのURLから更に個人情報を登録する

4. 銀行口座情報を登録してアカウントクラスをアップグレードさせる

以上の4つの手順で仮想通貨を始めるのに必要な取引所の口座が完成します。取引所の口座が完成したらあとは実際にコインを買うだけです。

bitFlyerでのビットコイン購入方法は非常に簡単で、ログイン後左側メニューの「ビットコイン取引所」を開きます。ここでビットコインの数量を指定し「コインを買う」をクリックするだけで購入できてしまいます。

取引所の登録やコインの購入は少ない手順で簡単にできるので、初心者にも最適な投資商品だと言えますね。

ここまでのまとめ

最後に、投資初心者が押さえておきたい3つの大原則とおすすめ運用先をまとめていきたいと思います。

  • 初心者は余剰資金で運用を行う
  • 初心者は自分の投資スタイルを明確にしてから「目標利回り」を設定する
  • 初心者はリスク管理を徹底する

投資初心者の方はまず余剰資金を明確にして、いくら投資で使えるのかを把握することが重要になります。それを踏まえて、目標利回りに合った投資商品を選ぶことになります。

それに今回おすすめの投資商品として紹介した仮想通貨でも「分散投資」や「損切り」といったリスク管理は有効です。投資初心者のあなたは今回紹介した内容を踏まえて、リスクを抑えて安全に投資を行いましょう。


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事