仮想通貨を始めるならこれ!5種類のおすすめコインを大公開

仮想通貨5種類を紹介

買っておきたい5種類のおすすめ暗号通貨とは?

本記事では、仮想通貨を買ってみようと考えているあなたにピッタリな5種類のおすすめ仮想通貨についてまとめています。

「仮想通貨って始めてみたいけど、たくさん種類があってどれがいいのかわからないな…」

今手軽に始められる投資として、仮想通貨の人気が急激に高まってきています。しかしまだまだ仮想通貨は日本に馴染みがないので、いざ始めてみようとしてもこのような疑問を抱く方もいるかと思います。

そこで今回は数ある仮想通貨の中でも、特におすすめの5種類の仮想通貨をピックアップしてみました!それぞの種類で仕組みや特徴も異なりますので、自分に合った種類の仮想通貨を選ぶためにもぜひ目を通してみて下さい。

最も人気があるおすすめ仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin)」

最初に紹介するおすすめの仮想通貨は、最も人気がある「ビットコイン(Bitcoin)」です。最初の仮想通貨として注目を浴びているビットコインは、2008年に「サトシ ナカモト」という人物から考案された論文をもとに作られた仮想通貨になります。

その論文にはブロックチェーンの概念や構造についても書かれており、それを見たハッカーやエンジニアたちが作り出したのが仮想通貨の始まりでした。

ビットコインがおすすめである理由とは?

最初の仮想通貨として発行されたビットコインは、仮想通貨を買ってみたいという初心者におすすめだと言えます。その理由はまず「扱っている取引所が多い」、「右肩上がりで価格が上昇している」という点が挙げられます。

扱っている取引所が多い

現在、仮想通貨の取引所は国内をはじめ世界中にありますが、ほとんどすべての取引所がビットコインを扱っています。扱っている取引所が多いということはそれだけ購入できる機会も多いので、初心者の方でも始めやすいと言えますね。

さらにビットコインは非常に少額から始めることができ、「bitFlyer」や「coincheck」といった人気の取引所では0.01BTC(現在約3,000円)から購入できます。少ない資金で購入できる点も初心者の方におすすめの理由だと言えますね。

長期的に価格が上昇している

現在ビットコインは1BTC=2,600ドル(約29万円)前後を推移しており、今後も価格はどんどん上昇していくと予想されています。

発行が開始された2009年は1BTC=0.00ドル、つまりほとんど価値がない状態でした。それが2013年に突如として価格が上昇し、1BTC=1,200ドル(当時約12万円)に達しました。

その後も乱高下を繰り返しながら少しずつ成長を続け、現在のレートに至りました。現在レストランやホテルといった世界中の至るところでビットコインが使えるようになる動きが始まっており、利便性の上昇がますます注目されています。

この点を踏まえても、仮想通貨を買って儲けたいと考えている方におすすめだと言えますね。

ビットコインはなぜここまで広まったのか?

ではおすすめ仮想通貨であるビットコインはどうしてここまで世に広まっていったのでしょうか?それにはいくつか理由がありますが大まかな要因を挙げるとすると、

1、 ビットコインの基本的な仕組みである「ブロックチェーン」が評価されている
2、 価格が上昇し、投資家を中心に売買が盛んになっていった
3、 徐々に支払などで使える店が増え認知度が上がっている

ことなどが挙げられます。中でもブロックチェーンという画期的なシステムを基本構造としている点が注目を浴びる大きな要因になりました。

ブロックチェーンというのは「分散型台帳技術」と言われており、簡単に言いますと「取引をみんなで分散して管理し合おう」という管理システムになります。ビットコインの取引に参加しているみんなのPCでデータを管理するので、不正や改ざんが出来ない環境を作ることが出来ます。

また中央サーバーが必要ないので、管理コストを大幅に抑えることができると金融機関や医療機関から注目を浴びています。とてもざっくりした解説ですが、ブロックチェーンという画期的な管理システムを使った最初の仮想通貨であるビットコインは瞬く間に有名になったのです。

ブロックチェーンをわかりやすくまとめた記事はこちら

他にも先ほど触れた価格の急激な上昇や通貨としての利便性も注目を浴びる大きな要因となっています。今後の成長や普及率を踏まえると、ビットコインはこれから仮想通貨を買ってみたい!という方に向いていると言えますね。

高い安全性が魅力の「イーサリアム(Ethereum)」

ビットコインの次におすすめしたい仮想通貨は、現在人気も価格も急上昇を見せている「イーサリアム(Ethereum)」になります。

現在時価総額がビットコインに次ぐ第2位となっているイーサリアムは、ビットコインとはまた違う特徴を持っています。ここではイーサリアムの基本的な情報やおすすめの理由を見ていきましょう。

イーサリアムとは?

現在2017年に入って急激に注目を浴び始めているイーサリアムは、実は仮想通貨の名称ではありません。え?どういうこと?と思うかもしれませんが、イーサリアムとは新しい試みを実現するための「イーサリアムプロジェクト」からきています。

このプロジェクトで使われている仮想通貨を「イーサ(Ether)」といい、今ではイーサではなく、イーサリアムという名称で呼ばれています。そんなイーサリアムは「第2世代目の仮想通貨」として注目を浴びています。

第1世代の仮想通貨は「通貨としての機能」を持つ仮想通貨のことをいい、ビットコインや後に紹介するライトコインが代表的なものだと言われています。一方第2世代の仮想通貨は、通貨としての機能に「付加価値」が付いたもののことをいい、イーサリアムはその代表的な仮想通貨と言われています。

ではイーサリアムが持つ「付加価値」とは一体何でしょうか?それは他の仮想通貨にはない「スマートコントラクト」と呼ばれるものです。

おすすめの理由と「スマートコントラクト」

スマートコントラクトというのはブロックチェーン上に「取引」と「契約」を同時に記録するというシステムです。よくわからない方もいるかと思うので、わかりやすく説明すると、「約束事」と「条件」をデータ化し、条件が達成された時に約束事が自動的に行われるというシステムです。

ではこのスマートコントラクトが利用された一番身近な例として、自動販売機を用いて見ていきましょう。

実は自動販売機の内部では「150円を入れたら(取引条件)、それに対応するジュースが出てくる(約束事)」という契約が行われています。

スマートコントラクトはこのような契約条件と契約内容をブロックチェーン上に書き込むことによって、高い安全性と利便性を可能にしているのです。そんなスマートコントラクトを基本的な仕組みとしているイーサリアムは、その高い将来性や利便性が注目を集め、なんと2017年に入って価格が約24倍も上昇しました。

今後もイーサリアムの期待値はどんどん高まっていくと予想されるので、今後まだまだ成長するという点でイーサリアムは初めての方にもおすすめだと言えます。

決済スピードが速い「ライトコイン(Litecoin)」

次に紹介するおすすめの仮想通貨は「ライトコイン(Litecoin)」になります。

ライトコインはビットコインの欠点を改善した仮想通貨として2011年に発行が開始され、現在時価総額はビットコイン、イーサリアム、リップルに次ぐ4位となっています。元Googleのプログラマーだったライトコインの開発者チャーリー・リー氏は「ビットコインを金とするならば、ライトコインは銀のような仮想通貨だ。」と話しています。

ここでは、そんなライトコインの特徴とおすすめの理由について見ていきましょう。

ライトコインの特徴とは?

ライトコインが持つ最大の特徴は、決済スピードの速さです。ビットコインと同様、あくまで決済用仮想通貨として作成されたライトコインは、ビットコインの欠点である決済スピードを改善したものです。

ビットコインの場合、ブロックが承認されるまで約10分かかると言われています。一方ライトコインの決済スピードはわずか2.5分

ビットコインの課題であった決済スピードを大幅に縮めることに成功したのです。開発者のリー氏は「承認が長いビットコインは高額な買い物に向いている。そして決済が早いライトコインは日常的な買い物に向いているだろう。」とそれぞれ利用目的で使い分けることをおすすめしています。

仮想通貨を使って買い物をスムーズに行いたい方はライトコインがピッタリですね。

すでに宝石や服、家庭用品などが購入できる

ライトコインは既に「Litecoin.com」というサイトで利用することができ、送金や売買はもちろん、家庭用品などを購入することができます。また日本語にも対応しているので、英語に自信がない方でも安心して買い物を行うことができますね。

現段階ではオンラインゲームや宝石、洋服などの日用品しか買えませんが、今後まだまだ利用できる分野は広まっていくと言われています。便利な仮想通貨をお探しの方や実際に仮想通貨を使って何かを買ってみたいという方はライトコインがおすすめだと言えます。

独自の仕組みを展開する「リップル(ripple)」

次のおすすめする仮想通貨は、大手企業の「Google」が出資したと話題にもなった「リップル(ripple)」になります。

時価総額ランキング第3位のリップルは、そもそも仮想通貨の名称ではありません。アメリカの「Ripple Inc」という企業によって開発された即時決済・送金システムの総称をいい、そのシステム内で使われている仮想通貨を「XRP」と言います。

今ではXRPよりも「リップル」という名称が普及しているので、一般的にはリップルと呼ばれています。ここでは、そんなリップルの特徴やおすすめの理由について見ていきましょう。

金融機関から注目を浴びている決済・送金システム

先ほども触れましたが、もともとリップルは金融機関などで利用する決済・送金システムとして開発が進められてきました。分散して管理できるブロックチェーンを基本としたリップルネットワークを利用することによって、コストを抑えてスピーディな決済や送金、両替が可能となっています。

例えば円からドルへ交換する際に、以前までは間に4つの金融機関や仲介業者が介入していたので手数料が高く、送金速度も遅かったのです。しかし仲介としてリップルを経由することによって、このように送金手数料を大幅に抑えることができ、また送金作業も以前より早く行うことが出来ます。

もちろん「ドル」や「円」だけでなく、「ユーロ」や「ポンド」といった法定通貨との両替・送金時でも仲介に入ることが出来ます。

こうした画期的な送金ネットワークを持つリップルは、バンクオブアメリカ・メリルリンチ(アメリカ)やウェストパック銀行(オーストラリア)といった世界の大手銀行から出資を受けており、2017年には日本の「三菱東京UFJ銀行」も出資を始めました。

銀行などの金融機関だけでなく、様々な分野で利用されるだろうと予想されているリップルは、今後さらに大きく価格が上昇していく可能性があります。こうした将来性を踏まえると、リップルは長期的に保有して儲けたい方初めて仮想通貨を買う人に向いていると言えますね。

中央管理人が存在するため安全性が高い

ブロックチェーンという管理システムを利用することによって、ビットコインやイーサリアムは中央管理者が不必要となっています。一方リップルは「リップルラボ」という管理会社が管理しています。

管理者がいないことに不安を感じる方や信頼性がある仮想通貨をお探しの方に特におすすめの仮想通貨だと言えますね。

日本初の仮想通貨「モナーコイン(Monacoin)」

最後におすすめする仮想通貨は、日本で最初に生まれた仮想通貨「モナーコイン(monacoin)」になります。モナーコインは2013年に日本初の仮想通貨として発行され、2chで有名なワタナベ氏が考案した仮想通貨です。

モナーコインのコインデザインには2chでお馴染みの「モナー」が使われており、仮想通貨の名称にも使われています。ここではそんなモナーコインの特徴やおすすめの理由について解説していきます。

取引がスムーズでお金以外の物にも交換可能

モナーコインもビットコインのようにブロックチェーンを基本的な仕組みとしていますが、モナーコインの決済スピードは約90秒となっています。ビットコインや他の仮想通貨と比べても圧倒的に速い決済スピードとなっているので、スムーズに取引を行うことができますね。

またモナーコインはお金以外の物にも交換が出来ます。現在ではAmazonギフトカードやiTunesカードと交換でき、今後もどんどん交換できる商品が増えてくると予想されます。

日本初の仮想通貨なので初心者に向いている

一般的に仮想通貨は海外発祥のものが多く、公式サイトの説明や最新情報はほとんど英語で書かれています。一方のモナーコインは日本発祥の仮想通貨ですので、公式サイトはもちろん、すべての説明は日本語で書かれています。

日本語で説明がされている分、特に初めて仮想通貨を始める初心者の方や英語に自信がない方におすすめの仮想通貨だと言えますね。

5種類のおすすめ通貨のまとめとイチオシの仮想通貨

イチオイの仮想通貨はビットコイン

ここまでビットコインを始めとするおすすめの仮想通貨5種類を見てきました。5種類に絞ったものの、それぞれの種類で仕組みや特徴が異なるので、実際どの仮想通貨が一番おすすめなのかわからないのではないでしょうか?

5種類の仮想通貨の中で最もおすすめの仮想通貨はズバリ、「ビットコイン」になります。

なんといっても仮想通貨の中で一番人気があり、現在もいろいろな場所でビットコイン決済が導入されていることが大きなポイントです。また取引量が多いため爆発的な価格上昇の確率は高くはないですが、安定した価格上昇が見込める仮想通貨でもあります。

不確定要素や不安材料が多い仮想通貨よりも、こうした知名度のあるビットコインが初心者の方にはおすすめですね。ここで紹介した5種類の仮想通貨の良し悪しをしっかり見極めて、自分に合った仮想通貨で始めてみましょう。

仮想通貨の始め方を詳しくまとめた記事はこちら


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事