仮想通貨ステラ(Stellar Lumens)の仕組みと特徴を大解説

仮想通貨ステラ(Stellar)の仕組みと特徴

個人向け送金システムとして作られた仮想通貨とは?

「ステラってどんな仮想通貨なのかな…」

「ステラの今後はどうなっていくの?」

リップルと同じ仕組みを利用した仮想通貨「ステラ(Stellar Lumens)」に興味がある方は、このようなお悩みを抱えているのではないでしょうか?現在時価総額29位となっていますが、送金・決済手段に特化しているステラは今後大きく成長していくだろうと言われています。

そこで今回は、そんなステラの基本的な仕組みや特徴、そしてチャートから見る今後の見通しなどについて見ていこうと思います。この記事の最後にはステラを扱っているおすすめの取引所についても紹介していますので、気になる方は是非チェックしてみて下さい!

ではまず、そもそもステラがどんな仮想通貨なのかについて見ていきましょう。

そもそもステラ(Stellar)とはどんな仮想通貨なの?

「ステラ」は2014年に、MTGOX(マウントゴッグス)の創立者でもあり、リップルの開発者でもある「ジェド・マケーレブ氏」が中心になって開発されました。

リップルの開発者が作成したステラはリップルを基本的な仕組みとして作られており、通貨単位は「XML(ルーメン)」と言います。

ではリップルを元に作られたステラは、リップルとどういった点が違うのでしょうか?

送金・決済サービスであるStellarの特徴

送金・決済サービスを兼ね備えたStellar

ステラはリップル同様、送金や決済を便利に素早く行うシステムとなっています。

つまりステラは、様々な法定通貨・仮想通貨に換金や送金ができる仮想通貨として作られました。購入したステラをネットワーク上に管理し、それを用途に応じて「ドル」や「ユーロ」といった法定通貨、もしくは「ビットコイン」や「リップル」といったように換金できるのです。

また送金する際も間にステラを挟むだけで済みますので、送金コストや反映時間を大幅に削減することに成功しています。

例えば「円」から「ドル」に換金し、送金したい場合にも、「円→ステラ→ドル」という手順で完結することになります。ビットコインでは10分もかかる取引承認(決済)時間も、ステラなら瞬時に行うことができるので、スムーズに換金・送金が出来ると言えますね!

「でもこれってリップルと全く同じじゃないの?」

リップルについてもある程度知っている、もしくは実際に使っている方はこのような疑問を抱くかもしれません。

先ほども触れましたように、リップルを元に作られたステラの基本的な特徴はほとんどリップルと一緒となっています。では何が違うのでしょうか?

ステラは個人向けの換金・送金システム

まず大前提として、ステラは個人向けの決済・送金システムとして作られました。

元々リップルは企業や国が行う大きな金額のやり取りをスムーズに行うために作られました。一方のステラは個人が扱うような小さい額での決済・送金に特化しており、決済速度(ブロック承認速度)はリップルよりも速くなっています。

例えば海外のオンラインストアで買い物をする際や、海外の友人、金融機関への送金などを低コストで瞬時に行うことが出来るようになっています。

発行枚数の違い

リップルの発行枚数は1,000億枚となっています。アメリカのリップル開発会社「Ripple.Inc」が全体の25%を保有しており、1,000億枚という上限が決まっています。

一方ステラの発行枚数は1兆枚となっていますが、こちらは1年ごとに1%ずつ総量が増えてくる仕組みになっています。さらにステラの開発会社は全体の5%ほどしか保有していないので、ほとんど市場に出回っているということになりますね。

ちなみにステラは意図的に市場に流通させており、様々な通貨に換金しやすいように価格変動率を抑えているのです。

独自のプロトコル「Stellar Consensus Protocol(SCP)」

ステラにしかない特徴として、独自のプロトコル「Stellar Consensus Protocol(以下、SCP)」が導入されています。

SCPというのは「Ripple Ledger consensus」の改良版となっており、ブロックチェーンの分岐発生リスクを抑えながら安全に合意に到達するためのプロトコルになります。そもそも「Ripple Ledger consensus」というのはブロックの承認者を限定し、その承認者たちによってブロックを管理・記録する仕組みになっています。

このブロック承認者のことを「ユニーク・ノードリスト(UNL)」といい、全UNLの80%以上の合意によってブロックが承認される仕組みになっています。しかしこのコンセンサスアルゴリズムには、80%の合意がなければチェーンが分岐するという致命的なリスクがあるのです。

一方ステラのSCPはリップルが持つチェーン分岐リスクを抑えたもので、80%以下の合意でも承認可能となっているのです。チェーンの分岐はコインの分裂を意味するので、万が一にも分裂リスクがないステラは安心して使い続けられる仮想通貨だと言えますね。

以上の3つがリップルとの違いになります。最初の違いとして述べましたように、ステラは個人向けの決済・送金システムとして作られた仮想通貨です。

海外への送金機会が多い方や、換金などにコストを賭けたくない方はステラを利用してみることをおすすめします!

チャートや価格からみるStellarの今後

価格変動をなるべく抑えてるようになっている仮想通貨ステラですが、現在の価格やチャート推移はどうなのかを見ていきましょう。

出典:Crypto Currency Market Capitalizations

 

現在時価総額29位のステラは1XLM=0.02ドル(約2.2円)となっており、2017年5月には一時最高値の1XLM=0.5ドル(約6円)にまで上昇しました。発行単位が非常に安いステラは、基本的にリップルの価格と連動することが多くなっています。

現在は仮想通貨全体の冷え込みの影響でやや下落していますが、決済システムとして普及してくればどんどん需要が伸びてくる可能性があります。単純に速くて安い決済・送金手段として優れているので、今後リップルと共に大きく成長してくる仮想通貨だと言えます。

どんな人と相性が良い仮想通貨なの?

ではここまで仮想通貨「ステラ」の仕組みや価格変動の特徴を見てきましたが、実際にどういった方に向いているのでしょうか?ここではステラと相性の良いタイプとして「価格が安定している仮想通貨をお探しの方」と「海外送金をよく利用する方」について見ていきましょう。

安定した価格変動率を求める方

ステラは先ほど紹介しました発行量が毎年1%ずつ増えていく仕組みによって、大きな価格変動が押さえられています。

このことを踏まえると、今後も急激な値動きにはなりにくく、比較的安定した価格変動になりそうです。安定した価値としてステラを所有しておきたい方や実際に決済手段として活用したい方にピッタリではないでしょうか。

よく海外送金を利用する方

またリップルは現在も海外送金システムの技術が評価されており、今後一般の方が決済手段として利用する場が増えて来ると言われています。

既に海外ではステラが使えるお店なども実装されており、素早い決済スピードを持つステラは様々な場で活用されると予想できます。

よく海外送金や海外での買い物を行う方に特におすすめだと言えますね。

ステラの購入方法や取引所の開設方法を大公開

Stellarを購入できる取引所は?

今回は今話題の仮想通貨「ステラ(Stellar Lumens)」の基本的な仕組みや特徴について見てきました。次に、実際の購入方法について見ていこうと思います。

まずステラをはじめとする仮想通貨を購入するには、取引所での登録が必要になります。

仮想通貨の売買に必要な取引所についてはこちら

ここでは、ステラが購入できるおすすめの取引所について紹介していこうと思います。

現在ステラを購入できる国内の取引所はなく、日本語対応の海外取引所「Kraken(クラーケン)」「Mr.ripple(ミスターリップル)」、海外の最大手取引所「poloniex(ポロ二エックス)」などで購入することになります。

その中でもおすすめなのが、日本語にも対応しており、扱っている仮想通貨も多彩な「Kraken」になります。そこでここでは、ステラを購入できるKrakenの登録方法も見ていきましょう!

Krakenの登録方法

国内でも高い人気を誇る海外取引所「Kraken」は日本語にも対応しているため、簡単に登録することが出来ます。

1. まずはKrakenの公式サイトにアクセスし、メールアドレス、アカウント名、パスワードを入力

2. 入力したメールアドレス宛にメールが来るので、「アカウントの有効か」をクリック。するとログイン画面になる

3. ログインが完了すると仮登録が完了する。次にアカウントの詳細設定をするために、「認証申請」または「認証」をクリック

4. Krakenではセキュリティを強化するために認証レベルが4まであります。まずは認証レベル1から入力していく

5. 続いての認証レベル2では、住所について入力

6. 認証レベル3では口座開設の目的や職業を選び、身分証明書やID確認写真をアップロードする

あとはアップロードした身分証明書などが承認されるのを待つだけです。入金上限額やセキュリティを向上させてたい場合は認証レベル4の設定も行うことが出来ます。

ひとまず認証レベル3までを登録すれば入金・出金もできるのでステラを購入してみましょう!

いかがでしたでしょうか?

ここまで仮想通貨「ステラ」について見てきましたが、将来性もあり価格上昇も見込め注目を浴びています。

興味ある方は値上がりする前にぜひステラを購入してみましょう!!







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信