リップルの購入方法やおすすめ取引所を大公開

リップルを購入したい!将来性と取引所をご紹介します!

大きな将来性を持つリップルとは?購入方法を解説!

仮想通貨の世界で時価総額ランキング4位の仮想通貨リップルは、リップラーと呼ばれるコアなリップル購入者を中心に人気を持っています。リップルは、システムの実用性の高さから注目されており、さらなる大きな価格上昇が見込まれます。

そんなリップルを「どこで購入するの?」「どのように購入するの?」と思われているのではないでしょうか。

そこで今回は、リップルを安くかつ安全に購入するための方法や、リップルコインを購入できる有名な取引所をご紹介します。

今回ご紹介する取引所は、仮想通貨投資初心者の方にとってあまりなじみがないかもしれませんが、有名な取引所を紹介していますので、ご安心ください。

リップルの特徴

ここまで、リップルを仮想通貨のことを指して紹介してきましたが、実はリップルとは、金融商品の送金・決済システムのことをいいます。

本来はこのシステム内で利用される仮想通貨はXRPなのですが、一般的にXRPのことをリップルと呼んでいます。分かりやすいようにこの記事では、システム全体のことをリップル、通貨であるXRPのことをリップルコインと呼んでいきます。

リップルの特徴を説明すると少し難しいのですが、一言で簡単に言うと、金融資産を安く、早く両替、送金を行うことができるシステムです。

海外へ送金したことがある方や海外旅行に頻繁に行かれる方であればご存知だと思いますが、海外送金や外貨への交換は手数料が意外と多く取られますし、送金には時間がかかりますよね。

リップルを利用すると、手数料も安く、素早く送金や交換ができるようになるのです。

詳しくリップルについて紹介したページはこちら!

では、そんなリップルコインの購入はどこで、どのようにできるのかをご紹介していきます!

日本円で購入できる取引所は?

rippleが購入できる取引所

リップルコインを購入するなら、日本円から直接購入する方が簡単ですよね。

現在、日本円でリップルコインを購入できる取引所は4つあります。

・コインチェック
・bitbank.cc
・Mr.Ripple
・東京JPY発行所

それぞれ特徴がありますのでご紹介します。
まずコインチェックについてみていきましょう!

リップルを取り扱う国内最大の取引所コインチェック

リップルコイン以外のアルトコインの購入に興味があるなら、コインチェックでの購入がおすすめです。

コインチェックは、ご存知かもしれませんがBitflyerに次ぐ国内2番目の仮想通貨取引所で、取り扱い仮想通貨の数は10以上あり、国内サイトとしては最大規模です。

利用者数が多いので、購入者も多く取引高も高くなっています。

キャンペーン開催中のビットバンク

ビットバンクでは、2017年9月現在、利用者に嬉しい「マイナス手数料キャンペーン」を行っています。

これは、リップルコインを購入すれば逆に手数料がもらえるという仕組みです。

購入、売却を行えば行うほど手数料をもらえるので、リップルコインの短期取引を行いたい方は、ビットバンクがおすすめです。

実績の東京JPY発行所

国内のリップルコイン取引所で、最も老舗なのが東京JPY発行所です。日本でのリップルの取引をけん引してきた取引所です。

東京JPY取引所のウォレットはGATEHUBウォレットというリップルの最も有名なウォレットを利用している点が一つ特徴です。

ただ、最近では、新しい仮想通貨取引所であるコインチェックやビットバンクがリップルコインを取り扱うようになったので、どうなるかは分からないというのが現状です。

無料でリップルがもらえるMr.Ripple

Mr.Rippleに無料登録をすると。77XRP(約2,000円)をもらえます。

ただ、承認作業が遅く、購入や売却する際に取引スピードが遅くなってしまうという話もあり、デメリットがあります。急いで購入したいという方は他の取引所で購入した方がよいかもしれないです。

おすすめの取引所コインチェックでの買い方をご紹介

上で示した4種類の取引所の中で最もおすすめの取引所が、コインチェックです。理由は、日本で2番目に大きな取引所なので、安心感があるからです。

初めてリップルコインを購入されるとなると少し不安もあると思いますので、コインチェックをおすすめします。

では、具体的にどのようにリップルコインを購入するのか、コインチェックでの購入手順を例として見ていきましょう!

ユーザー登録

まずホームページ(もしくはアプリ)にアクセスしましょう!↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

まず、リップルコインの購入前に、コインチェックでユーザー登録をし、アカウント作成を行います。

トップページに「メールアドレス」と「パスワード」を入力する画面が出ますので、アカウントを作成するアドレスとパスワードを入力しましょう。入力が終えたら、黄色の「アカウント作成」をクリックします。

※Facebook登録は簡単にアカウントが作成できるので、オススメです!

下のような画面が出てくるので、メールを確認し、認証用のURLを開いてアカウント作成完了です。

入金

アカウントを作成し、ログインすると下のような画面が出てくるので、次は入金を行いましょう。

右上の「設定」をクリックします。

次に、左の「日本円/USドルを入金する」に進むと、ユーザーIDと振込先口座が表示されるので、説明にそって入金を行いましょう。

※このままでも最大50,000円の入金をすることができますが、上限をなくすために「本人確認手続き」も行いましょう!

リップルを購入

では、ついにリップルコインの購入です。

ログイン後のトップページに戻りましょう。

下のような画面になりますが、スクロールしていくと、コインが並べられているのがわかりますね。

そこで、真ん中あたりに「Ripple」があると思います。これがリップルコインです。

ここをクリックしましょう!すると、こんな画面にかわります。

ここで、「数量」「交換する通貨」「レート」「合計」という表示がありますので、「数量」と「交換する通貨」を記入しましょう。

2017年9月4日現在の価格は、約26円/XRP なので、約5万円分購入するとしたら1900XRPですね。

「交換する通貨」は、「JPY」を選択しましょう。Japan Yenの略ですね。

※「数量」を入力すると「レート」と「合計」が勝手に入力されます。

入力が終わりましたら、「購入」を押すとリップルコインを購入することができます。

この「購入」ボタンをクリックしてしまうと、購入が確定してしまいますので、注意しましょう!

国内取引所のご紹介と、コインチェックでの購入方法をご紹介してきました!

リップルは海外の取引所でも購入することができますので、ご紹介します!

海外の取引所は、数十種類の仮想通貨を取り扱っているところがあるので、リップルコイン以外の購入の検討している方には良いかと思います。

では一緒に見ていきましょう!

海外の取引所でも購入可能

rippleの購入できる海外取引所

海外のサイトで仮想通貨を購入することにも抵抗がなく、アルトコインに興味がある方にとっては、海外の取引所でのリップルコインの購入がおすすめです。

今回ご紹介する取引所は”poloniex””bitfinex”です。

ポロニエックス(Poloniex)

ポロニエックスは、アメリカに拠点をかまえている仮想通貨取引所で世界最大規模の取引量を誇っています。

登録や購入が簡単で、リップルコインをはじめ、アルトコインを購入している日本人の方はポロニエックスを利用している方が多いです。

ポロニエックスの特徴は、国内の取引所と比較すると圧倒的に取り扱い仮想通貨の種類が多く、アルトコインの購入を検討している人には間違いなくおすすめ。

現在の取り扱い仮想通貨はリップルコインやイーサリアムを含めて70種類近くで、時価総額ランキングトップの通貨も大体網羅しています。それに加えかなりマイナーな通貨も購入することができるという取引所です。

ビットファイネックス(Bitfinex)

ビットファイネックスは、香港の取引所であり、ドル建てでの仮想通貨取引量が世界トップです。

ビットコインの価格指標にもなっており、poloniexと並んで世界的に有名な仮想通貨取引所と言え、当たり前のようにリップルコインを取り扱っています。

また、ビットファイネックスにICOした仮想通貨は、価格が大きく上昇すると言われています。2017年8月に上場したIOTAは、購入者が殺到し数日で数倍の価格に跳ね上がりました。

投資先としては魅力的か?

ここまでリップルコインの購入方法をご説明してきましたが、そもそもリップルコインの購入は、投資としてどうなのでしょうか?

結論は、仮想通貨の中では手堅いと思います。

もちろん仮想通貨ということで、他の安定した投資商品と比較するとリスクがあるかもしれません。ただ、非常に将来性も安心感も仮想通貨の中ではずば抜けていると思います。

手堅さがどこから来るのかですが、簡単にリップルの歴史をご説明します。

リップルの歴史

2012年にRyan Fugger によって考案されたリップル。実は、仮想通貨が盛り上がる前から大きく注目されていました。

その理由は、先ほどもご説明した、IOUという仕組みを導入していたり、ブリッジ通貨としての役割をはたしていたりということが非常に画期的だからです。

それが認められたのが、仮想通貨が大きく盛り上がる少し前の2015年。世界経済フォーラムという世界的に有名な会議で、テクノロジーパイオニア賞という賞を受賞しています。

また2016年には、メガバンクであるみずほ、りそな銀行を含む国内43行と海外大手金融機関が、リップルネットワークを銀行システムネットワーク導入を進めることを表明しているのです!

さらに2017年3月31日には、国内トップの三菱UFJ銀行がリップルとの提携を発表。

このように、リップルは、将来性が認められているが、まだまだ導入段階で成長の余地が大きいです。

手堅くかつ伸びしろも大きい仮想通貨ですので、投資商品として購入するのは魅力的だと思います!

今後の予測

今後のリップルコインの今後の予測ですが、現在提携している金融機関への導入が実現に向けて進んでいくのではないでしょうか。

また、成功をすれば世界中の金融機関やその他の業界にも応用されるようになり、購入者が増えリップルコインの価値も上昇していくと考えられます。

まだ、構想段階と言えるリップルですが、実現に向けて大きく前を進んでいる仮想通貨なので、仮想通貨投資の中では手堅いと思います。

ただ、リップルコインを購入する際は、どこでどれくらい購入するかは慎重に考えて行ってくださいね!


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事