リップルの買い方!徹底解説!

リップルの買い方!徹底解説!

必見!rippleの買い方を解説していきます!

最近仮想通貨に投資する人が増えている中で、仮想通貨時価総額第3位(2017年10月現在)のリップルに注目が集まっています。

またリップルは金融機関を対象とする通貨のやり取りに強い仮想通貨なのです。

しかしビットコインに比べて知名度が低く、

「リップルに投資したいけど買い方がわからない」

「買い方以前にどういう特徴があるの?」

という方が多いと思います。それに加えて仮想通貨全体で2000以上の種類があります!
それを一つ一つ理解するのは専門家でも難しいです。

そこで今回仮想通貨を専門にしている管理人が、
リップルを扱う取引所やリップルの買い方について説明していきます。

この記事を見ればリップルの未来や買い方を理解し、リップルに投資出来るようになると思います!

この記事を見ればリップルの未来や買い方を理解し、リップルに投資出来るようになると思います!

それでは一つ一つ解説していきしょう。

そもそもリップルとは

リップルはもともと通貨送金を目的に作られた通貨で金融機関によって使用される通貨です。

このリップルというのは送金システム全体のことを指します。

一方で実際にリップル上の取引で使われる通貨はXRPですが、このXRPという通貨のことをリップルと言ったりするなど非常にややこしいので、

今回は分かりやすくするためにリップルの通貨送金システムを「リップル」といい、 XRPを「リップルコイン」として説明していきます。

私たちが海外送金する際に銀行を通して行うと1週間前後かかってしまいますが、リップルを使うとわずか数秒で完結させることが出来ます。

それに加えて、365日24時間対応していていつどこにいてもインターネットのつながる環境であればリップルコインを送金することが可能なのです。

リップルで送金する際のメリットは送金手数料を大きく抑えることが出来ることです。

日本の銀行から海外の銀行に送金するときに、いくつもの銀行を通さないといけないので手数料がかかります。

さらには、円や、ドル、ユーロなど、国によってさまざまな通貨の種類があります。

皆さんも海外経験のある方はお分かりだと思いますが、日本円からドルにお金を換金すると手数料がかかり損をした気分になってしまいますよね。

送金の時も同じで、お金を換金して送金しないといけないので換金手数料がかかります。

そんな中で活躍を期待されているのがリップルです。

リップルの送金システムでは、通常の国際送金より手数料をとても安価に抑えることが出来るのです!

簡単に説明しますと、

リップルコインを受け取った側は、「リップルコイン」→「ドル」という作業で換金が完結します。

これにより送金費用を格段に抑えることが可能なのです!

ここからはリップルだけにしかないIOU取引について説明していきます。

IOU取引

IOUはリップルで注目されているシステムでリップルの核とも言われています。

「IOU取引って何?」と感じる方も多いと思いますので、分かりやすく説明していきます。

まずIOUとは、「I OWE YOU」の略で「私はあなたに借りがあります」という意味があります。

IOU取引とは、取引所ゲートウェイで発行する借用証書を媒介とした取引のことを言います。

この借用証書をブロックチェーンに付帯させることにより、送金時間や手数料の削減に繋がるのです。

それはリップル上でこの借用証書を使って通貨取引をすることが可能だからです。リップル上での取引はリップルユーザー同士で通貨の代わりに借用証書を使うことで成り立っています。

IOU取引とは、取引所ゲートウェイで発行する借用証書のことをいいます。

このようにIOU取引が分かったところで、リップルを取引をする時に必要な取引所について見ていきましょう。

実際に日本円で買える取引所は?

rippleの買える取引所

まずどんな仮想通貨を買うときにも初めにすることが取引所に登録することです。

リップルの売買を行う取引所は4つあるので、今回はその取引所について説明していきます。

Coincheck

コインチェックはリップルだけではなくその他の仮想通貨を多く取り扱っていて取引所全体では今回紹介するリップルを取り扱っている取引所の中で一番多いです。

ですので、複数の仮想通貨をコインチェックでは一括管理できます。

すでに仮想通貨を持っている方にもおすすめの取引所です!

このコインチェックでは最近リップルの取引を始めたました。

ですので、リップルだけの取引でいうとまだまだなのですが、

取引所では一位のbitflyerに次ぐ国内では2番の取引所なので利用者も多いです。

coincheckについて詳しく知りたい方はこちら!

Bitbank.cc

ビットバンクは、ビットコインセキュリティ専門企業のBitGoと提携していて、仮想通貨取引所において重要なセキュリティ対策をしっかりと行っています。

またスマホ完全対応により、パソコンを持っていないスマートフォンユーザーでも使いやすい取引所になっています。

2017年9月に取引所として金融庁からの許可がおりました。

やはり国が許可してるとなるとやはり安全だと感じますよね!

Bit Trade

Bit Trade (ビットトレード)はFXトレード・ファイナンシャル(TXTF)の関連会社で小島瑠璃子さんが広告として出ている、金融庁登録済みの取引所です。

ゴールドウォレットでビットコインを安全に管理しています。

そのほかにも仮想通貨の取り扱いも多く、TXTFとの関連会社なのでFXにも投資している方やFXに興味のある人にはおススメといえます。

Mr.exchange

「Mr. Exchange(ミスターエクスチェンジ)」はMr.Ripple から2017年9月に取引場が、
入れ替わりました。ミスターリップルの会員は現在以降中で、移行期間は2018年9月末までになっています。
外部のウォレットを管理可能で多段階セキュリティによる高い安全性で、

初心者にも分かりやすいように各画面にチュートリアルがあるので、初心者の方も買い方に困らない取引し易い取引所です!

取引の多いコインチェックでの買い方徹底解説

ここではコインチェックで簡単に出来る簡単な登録から実際の買い方まで説明していきたいと思います。

アカウント登録

まずはコインチェックのトップ画面に行きます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

フェイスブックでの登録が出来るのでフェイスブックのアカウントをお持ちの方は手続きをしなくても簡単に登録完了することが出来ます。

フェイスブックをお持ちでない方も名前や住所など簡単な項目で登録することが可能です。その他のサイトに登録すると同じ感覚で取引を進めることが出来ると思います。

どちらとも行うのが電話番号での本人確認です。

電話番号を打ち込む場所があるのでそこに番号を打ち込むとスマートフォンにショートメールが来ます。その送られてきたナンバーを打ち込むことで本人確認は終了です。

さらにセキュリティを強化するためにお手持ちのスマートフォンからGoogle Authenticatorを使い設定を行うことが出来ます。
これにより安全にアカウントを守ることが出来ます。

入金方法

リップルを買うには、「日本円を入金」「クレジットカード決済」

この二つの方法でリップルを購入することが出来ます。

しかしここで一つ問題が起きます。

リップルが買えない。。。「買い方は合ってるはずなのになんで?」
などの問題が起こります。

それはコインチェックでの買い方を知る為に必要な手続きが4つあるからです。

そのやり方を説明していきます!

  1. 必要事項を入力し、本人確認の写真をアップロードします。
    難しい登録はなくパスポートや免許証などの身分証があれば登録出来るのでとても簡単です
  2. 本人確認書類の確認が完了するまで待つ。(1~2日)
  3. 住所確認のためのはがきを受け取る。
  4. 本人確認が完了したら、すべての機能が利用できます。

これらの手続きには2~3日かかってしまいますが、自分の資産を安全に取引するために必要な作業なのでしっかり登録をしておきましょう!

この確認が終われば、いよいよリップルの購入です!
1ウォレットを開き左側の「コインを買う」をクリック

2リップル「Ripple]をクリック

3自分の欲しい数量を入力し、「購入する」をクリック

これでリップルの買い方は完璧です!

投資商品としてのリップルの未来

rippleはこれからどうなる?

リップルが通貨送金システムとして送金時間が早い、手数料が安いといったメリットがあるとお伝えしましたが、

「投資商品としてはどうなの??」という疑問を持つ方がいると思います。

そんな方も安心です!!リップルはすでに日本だけではなく世界の金融機関と連携しています。

提携会社が数多くありこれからさらにリップルの実用化が進むと予想されています。

そんな中でリップルに投資するのはリップラーと言われており、王道じゃない投資がしたいという方に人気の通貨です。

まとめ

今回リップルの買い方について説明していきましたが、リップルは今回説明した通り金融機関から注目を浴びています。

ビットコインに比べ比較的安く購入でき、さらにハイリターンが期待されます。

簡単に取引を始めることが出来るのでぜひ皆さんも少額からで良いのでリップルを買ってみることおススメします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LINE

facebook

ページ上部へ戻る