アメリカ規制当局の発表後に仮想通貨の価格が急騰

BitcoinFX

アメリカの規制当局の発言後に価格急騰

2月6日(火)にアメリカで行われた上院聴聞会では、仮想通貨取引所についての議論が行われていた。7日(水)未明から大きく仮想通貨の市場が高騰したのは、この上院聴聞会での発表が関係しているという。

具体的には、米証券取引委員会(SEC)のJay Clayton(ジェイ・クレイトン)氏と、米商品先物取引委員会(CFTC)のChristopher Giancarlo(クリストファー・ジャンカルロ)氏は、上院銀行、住宅、都市委員会といった様々な関係者の前で2時間以上の講演を行った。

Clayton氏とGiancarlo氏は聴聞会で大部分の仮想通貨について発言し、国レベルで仮想通貨の取引所を規制することを求めた。

特にGiancarlo氏は仮想通貨のブロックチェーン技術の応用について楽観的な見解を示したという。

そんな中で、仮想通貨投資家は聴聞会に積極的に反応し、それに伴って市場は聴聞会中に大きく変動していた。つまりそれだけアメリカの聴聞会が仮想通貨市場に及ぼす影響は大きいということだ。

ほとんどの仮想通貨はチャートが緑色に変わり、市場の回復が見られた。ビットコインの価格とカルダノの価格はそれぞれ約7%上昇したという。

さらにイーサリアムも5%上昇した723ドル(約8万円)になり、リップルも同じく約2%の上昇。

ビットコインキャッシュのチャートは赤色のままですが、回復がさらに進めば価格も上昇されるだろうと予想されています。

ここまでの内容と考察

昨日ニュースにも取り上げたアメリカの国レベルでの規制を実施するということで仮想通貨に対する信用がかなり上がっていくことが予想されます。

仮想通貨市場は急速に発展したため、仮想通貨に対する規制や管理体制がまだ整っていません。

ですので、従来の投資家などは仮想通貨への投資を敬遠していたが、国で仮想通貨の規制を作り管理体制が整えば、仮想通貨市場に新規に参入してくることも予想されます。

仮想通貨に対する規制はこれからますます進み、それによる仮想通貨の市場は大きく動くでしょう。

最新ニュースや各国の対応に注目です。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信