ビットコインの価格が急落、Tetherのハッキングによる影響か

現在時価総額19位の「Tether」のウォレットがハッキングされ、3,100万ドル分のUSDT(Tetherの通貨単位)が消失した。

公式発表では、Tetherの開発チームは次のように述べている。

「2017年11月19日に、3,100万ドルのUSDTがウォレットから削除され、許可されていないビットコインアドレスに送られました。新たにトークンを発行し、盗まれたトークンを返還することはないですが、ハードフォークをしてハッキングが発生した際の取引をなかったことにすることで、元の状態に戻す予定です。」

イーサリアムが巨額のハッキングにあった際と同様、ハッキングの取引が記録されたブロックの直前のブロックから新たなチェーンを生成する。

これにより、ハッキングをなかったことにするという方法をとるという。

専門家からの批判

仮想通貨業界の多くの専門家、開発者、アナリストは、ハッキング攻撃に対処するためにTetherが使用した方法を批判している。

Tether開発者たちは、盗まれた3100万ドル分のUSDTが不正に送られた先のアドレスを凍結。ハッカーは、盗んだUSDTを移動することができなくなっている。

これに対して、Tetherの開発者たちを批判する人々は、「管理者によって容易にネットワークが規制されるTetherのような仮想通貨は、ブロックチェーンとしての脆弱性がある」と述べている。

ビットコインなどの管理者がいない仮想通貨は、だれもネットワークの仕組みを変更することができない。中央管理者を排除することでハッキングのリスクを低くしている。

原典:「https://www.cryptocoinsnews.com/tether-treasury-hacked-31-million-flagged-as-not-redeemable/」

ビットコイン価格の急騰

Thetherのハッキングの発表により、ビットコインの価格が急落しました。

だいたい94万円から90万円くらいまで下がっています。

このまま下がり続けるのではないかと心配している方も多かったのですが、ものの3時間後には元の94万円に迫る93万円まで回復し、現在は約931,600円となっています!

最近のビットコインの買い支えがものすごいですね!少し下がってもすぐに上昇し、元の価格に戻ってしまいます。

このビットコインの買い支えをみると、ビットコイン先物が世界最大の先物取引時CMEに上場し、しばらくたつまでは、ビットコインの価格が上昇し続けるような気がしてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LINE

facebook

ページ上部へ戻る