スイスの銀行はビットコインの先物を推奨

ロジャー・バー氏、ビットコインキャッシュへの経済的支援を表明

仮想通貨の先進国スイスの銀行はビットコインの先物を推奨している。

スイスの銀行を代表とするファルコンプライベートバンク、ボントホールディングスAGが、米国におけるビットコイン先物の発表が予定しているので、ビットコインの将来性は高いことがわかる。

スイスの銀行はビットコイン先物上場がより多く仮想通貨商品を導くと信じている。

米先物取引所Coboe Global Markets Inc.は日曜日にビットコイン先物を導入し、12月18日に同様の製品を提供する。

ビットコインに対する意見

現在ビットコインが高騰し,2017年は仮想通貨のバブルだと言われている。

様々な金融業界の重鎮達も仮想通貨のバブルについて意見が分かれる。

フランクフルトに本拠地を置く銀行のエグゼクティブ・ディレクター、ヘイコーガイガー氏は、スイスの銀行ボントベルの顧客は先物上場についての意見を混ぜ合わせていると語った。

一部の投資家は契約の支援を先取りする市場でより流動性を求め、他の人はビットコインを売却する契約を立てているという。

ガイガー氏は全体的に顧客は強気であると述べた。

それに加えて、スイスの資産運用会社ファルコンは顧客が直接ビットコインに投資出来るようにするとしている。

さらにはスイスの都市ツークは人々が政府のサービスをビットコインで支払うことを可能にするプロジェクトを試みた。

今年の三月、スイス政府公認のスイスを世界的なブロックチェーンおよびCrypto Valley Associationは政府の支援を受けて暗号システムの拠点として設立された。

投資家や金融業界の重鎮達が様々な動きを見せている中で、スイスのような国で仮想通貨の動きが活発となっている国も存在する。

ビットコイン先物上場を奨励

ビットコイン先物上場はビットコインのゲームチェンジャーと見なされている。

なぜなら、プロの投資家は現在、仮想通貨投資にある懸念がある。

それは現在仮想通貨の取引所ではビットコインの価格変動が一日で大きく変わってしまうことだ。

プロの投資家は投資する額が違うので現在の規制のない取引所で仮想通貨投資を行うと一日で大きな損失を作りだす可能性があるので仮想通貨投資に懸念があるのだ。

それに対してシカゴオプション取引所Cboeと米商品先物取引所運営大手のCMEの両方が規制され、一部の投資家の懸念に対処しています。

ここまでの内容と考察

アメリカにおけるビットコインの先物の発表が予定されているのでビットコインの将来性は高いということが分かったと思います。

これは最近のビットコインの価値の高騰にも関係していると思います。

仮想通貨ユーザーが2024年には2億人に到達するといわれている中で、ビットコインの先物上場についての動向に注目が集まっています。


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事