SBIの仮想通貨取引所「SBIバーチャルカレンシーズ」が夏にも開業か?

SBIホールディングスの子会社である「SBIバーチャルカレンシーズ(東京港区)」が取引所開業に向けて準備を進めているという。

大手SBIが仮想通貨に参入するということで、業界にとっても非常に大きなニュースとなった「SBIバーチャルカレンシーズ」。

そんなSBIバーチャルカレンシーズでは、

・ビットコイン
・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ

を取り扱う予定だ。開業の時期は未定だが夏を目途とした。

さらにSBIホールディングスでは2018年度中にICOで500億円規模を調達する見込み。

集めた金額でセキュリティ対策や技術開発に充てるという。

今回SBIが取引所の公開を夏にしている理由には、G20の会合で規制や方針を決めるというのが大方の予想だそうで、SBIの仮想通貨取引所開業にあたり、様々な意見が飛び交う。

ここまでの内容と考察

SBIホールディングスが仮想通貨取引所を開業するということで仮想通貨にあまり興味なかった層からも注目されています。

それは、

「SBIホールディングスが行うなら信頼できる」
「安全に取引できそう」

といった理由などが多いです。コインチェックのNEMハッキング事件から取引所のセキュリティに誰もが不安に感じています。

SBIのような大きな企業が取引所に参入するのは新規仮想通貨ユーザーを呼び込む要素になります。今後の動向に注目です!







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信